一国二制度が踏みにじられた香港の今を見つめる、香港・日本合作のドキュメンタリー映画「Blue Island 憂鬱之島(ゆううつのしま)」=写真=が公開されます。

 2019年の民主化デモをきっかけに、クラウドファンディングの支援も受けて製作。北米最大のドキュメンタリー映画祭で最高賞を受賞。文化大革命や天安門事件などを経験した3人を軸に、香港の現状そして、未来を問いかけます。

 デモに参加した学生や若者たちも役を演じています。監督は、前作で「乱世備忘 僕らの雨傘運動」を手がけた陳梓桓(チャン・ジーウン)。

  • 16日[土]から東京・渋谷のユーロスペースなどで順次公開
  • 前売り券一般(1500円)販売中

(朝日新聞社など製作)