動物たちの振る舞いがユーモラスに描かれ、愛されてきた「国宝 鳥獣戯画」。本展では、魅力を支える動物モチーフと表現の簡潔さとユーモアをテーマに日本美術を紹介します。写真は「国宝 鳥獣人物戯画 甲巻(部分)」京都・高山寺蔵(画像提供:東京国立博物館 Image: TNM Image Archives 9月25日[日]まで展示)。

  • 9月3日[土]~10月16日[日]、福岡市中央区大濠公園の福岡市美術館(092・714・6051)
  • 午前9時30分~午後5時30分(金、土曜は午後8時まで)
    入場は閉館の30分前まで
    月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)
  • 一般1800円、高校・大学生1200円など。土日祝日は事前予約制
  • 「鳥獣人物戯画」ほか一部展示替えあり。詳細は展覧会公式サイト

(朝日新聞社など主催)