興福寺五重塔の特別公開(9月17日~10月16日)に合わせ、Twitter俳句コンテスト「#興福寺五重塔を詠む」を開催します。

 古都・奈良の象徴的なスポットであり、観光客の人気を集める興福寺五重塔。公開終了後には、約120年ぶりとなる大規模修理に入り、素屋根で塔が覆われます。「令和の大修理」に入る前に、五重塔を見上げて一句詠んでみませんか。入賞作には賞品を贈呈し、ツイッターや朝日新聞奈良版で紹介する予定です。

募集

2022年10月末まで
(特別公開の開始前でも応募可)

応募方法

  1. ツイッターで「@asahi_jisha」をフォロー
  2. 興福寺五重塔をテーマにした俳句(複数可)に、ハッシュタグ「#興福寺五重塔を詠む」を添えて投稿

    五・七・五の日本語で、季語を使うこと。自句についてのコメントを添えても可

    ※「五重塔」という言葉が使われているかどうかは問いません。五重塔から受け取った思いを、句の中に込めてください

注意事項

  • ご自身のアカウントは公開設定にしてください
  • 仮名遣いや送り仮名など、選者が添削する場合があります
  • 応募は1人何作品でも可能。1回の投稿で複数句を書いても可
  • その他、応募規約(PDF)をご参照ください

賞品

入賞作品を数点選定し、賞品を贈呈します
※入賞者にはツイッターのダイレクトメッセージでお知らせします

選者

水野露草さん(朝日大和俳壇選者)
多川俊映さん(興福寺寺務老院)

主催

朝日新聞社寺社文化財みらいセンター
問い合わせ:jisha@asahi.com