来春、京都国立博物館で開催される親鸞聖人生誕850年特別展「親鸞 生涯と名宝」の関連事前講演会を11月12日[土]、福井県越前市の真宗出雲路派・毫攝寺(ごうしょうじ)にある毫攝寺会館で開きます。

 気鋭の仏教研究者、碧海寿広(おおみ・としひろ)・武蔵野大教授=写真=が「ありのままの親鸞聖人―鈴木大拙を手がかりに―」をテーマに講演。特別展を紹介する動画の上映、寺内の案内なども予定。

  • 午後1時開始予定、無料。定員70人
  • 申し込みは往復はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記し、〒530・8211(住所不要)朝日新聞社・寺社文化財みらいセンター 親鸞展講演会11/12福井会場係へ。はがき1枚で1人の申し込み。締め切りは10月14日[金]必着。応募多数の場合は抽選。当選者には参加証を返送します
  • 新型コロナウイルス感染拡大状況によってプログラムなどが変更になる場合もあります
  • 問い合わせは寺社文化財みらいセンター(jisha@asahi.com)へ

(朝日新聞社主催、真宗教団連合特別協力)