現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 映画 > 記事 ここから本文エリア

俳優丹波哲郎さん死去 国際的活躍、死後の世界にも関心

2006年09月25日

 映画「日本沈没」「砂の器」、テレビドラマ「Gメン’75」などに出演し、スケールの大きな演技で知られ、国際的にも活躍した俳優の丹波哲郎(たんば・てつろう、本名・正三郎=しょうざぶろう)さんが24日午後11時27分、肺炎で死去した。84歳だった。通夜は29日午後6時、葬儀は30日正午から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は長男で俳優の義隆さん。自宅は公表していない。連絡先は丹波哲郎オフィス(03・5382・9990)。

写真

亡くなった丹波哲郎さん=01年11月、東京都内の自宅で

 東京都生まれ。中央大法学部を卒業後、劇団文化座を経て、51年新東宝に入社。翌年、映画「殺人容疑者」でデビューし、陰のある二枚目としておもに悪役で活躍。テレビでは「丹下左膳」の主役で異彩を放った。

 60年代にテレビドラマ「三匹の侍」などの個性的な演技で人気を集め、映画では今村昌平監督の「豚と軍艦」のほか、篠田正浩監督の時代劇「暗殺」などに出演し、スターとしての地位を固めた。

 また、戦後、連合国軍総司令部(GHQ)の通訳を務めた英語力を生かし、外国映画にも出演。「007は二度死ぬ」ではショーン・コネリーと共演し、話題になった。

 その後も、テレビドラマ「キイハンター」「Gメン’75」のボス役で活躍、映画「砂の器」の刑事役では重厚な演技が高く評価された。近年も大河ドラマ「利家とまつ」「義経」などで、渋みある演技をみせていた。

 一方、死後の世界に深い関心を持ち、89年にはベストセラーとなった著書を「丹波哲郎の大霊界」として自ら映画化した。

 〈映画評論家・白井佳夫さんの話〉 ふてぶてしく、居直り、人間の下卑た部分を出せる異色の俳優だった。社会派映画や芸術映画、娯楽作品を問わず、役に扮するのでなく、個人としての丹波哲郎がいつも役作りを超えてにじみ出た。「砂の器」や「豚と軍艦」などでも、丹波さんならではの動物的な生臭さを見せた。

 〈出演作を多数手がけた中島貞夫監督の話〉 外見はバタくさいが、本人は義理堅い日本の男。ワンシーンだけの友情出演で京都まで来てくれたこともある。車代を渡そうとしたら、「おれはそんなつもりで出たんじゃない」と泣いて怒った。霊界の話もよく聞かされた。「霊界に行くときはお前が撮れ」と言われていたんですが、果たせませんでした。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.