現在位置:asahi.com>文化・芸能>文化>文化一般> 記事

「フイチンさん」の漫画家・上田トシコさん死去

2008年04月17日03時05分

 「フイチンさん」などの漫画家、上田トシコ(うえだ・としこ、本名上田俊子〈としこ〉)さんが、3月7日に死去していたことが分かった。90歳だった。葬儀は近親者で営まれた。

写真漫画家の上田トシコさん

 東京出身。旧満州(中国東北部)で子供時代を過ごす。57年から62年にかけ、旧満州を舞台に、太陽のように明るい少女を描いた「フイチンさん」を雑誌「少女クラブ」で連載。少女たちの人気者となった。60年、小学館児童漫画賞を受賞。73年から雑誌「明日の友」(婦人之友社)で「あこバアチャン」の連載を始め、今年2月発売の号まで続いていた。89年には同作で日本漫画家協会優秀賞を受賞した。95年、赤塚不二夫さんやちばてつやさんら旧満州育ちの漫画家9人が思い出を絵と文でつづった「ボクの満州――漫画家たちの敗戦体験」にも作品を寄せた。

PR情報

このページのトップに戻る