写真・図版 7月23日、ハリウッドのエージェント、リチャード・クラフトさんは、ディズニーランドの乗り物や備品など、25年かけて集めた750点に及ぶ収集品をオークションで販売する。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

[PR]

 [ロサンゼルス 23日 ロイター] - ディズニーランドで使われた品々のコレクターが、750点に及ぶ収集品をオークションで販売する。

 ハリウッドのエージェント、リチャード・クラフトさんは、ディズニーランドの乗り物や備品などを25年かけて集めたという。

 8月25─26日のオークションに先立って、ロサンゼルス郊外にある1万8500平方メートルの広さの使われなくなった店舗に、これらの品々を展示して一般に公開する。

 最も高値を呼びそうなのは「空飛ぶダンボ」の乗り物で、10万─15万ドル(約1100万─1670万円)が見込まれる。ピーターパンの海賊船は7万5000─10万ドルと予想されている。

 その他にもディズニーランドのチケット売店、魅惑のチキルームの歌う鳥、オリジナルの絵や構想のスケッチなどが展示され、63年間のディズニーランドの歴史を垣間見ることができる。

 クラフトさんは売り上げの一部を、自身の4歳の娘と同じ難病のコフィン・シリス症候群などを持つ子供のための支援団体に寄付する意向だという。