写真・図版4月2日、ロックバンド「U2」(写真)や兄弟ユニットの「エヴァリー・ブラザーズ」らの25作品が、米議会図書館に保存される録音資料に新たに追加されることになった。写真は1月に行われたゴールデングローブ賞の授賞式で撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[PR]

 [ニューヨーク 2日 ロイター] -アイルランド出身のロックバンド「U2」や兄弟ユニットの「エヴァリー・ブラザーズ」らの25作品が、米議会図書館に保存される録音資料に新たに追加されることになった。

 2日に発表された新たな保存作品は、1896─1994年に発表された25作品で、U2のアルバム「ヨシュア・トゥリー」やエヴァリー・ブラザーズのヒット曲「キャシーズ・クラウン」、ジャズの巨匠アート・ブレイキーのアルバム「バードランドの夜」のほか、リンダ・ロンシュタットのグラミー賞受賞アルバム「ハート・ライク・ア・ホィール」などが含まれる。

 保存作品は一般からのオンライン推薦や音楽業界などの関係者でつくる保存委員会の推薦で選考される。毎年25作品が選ばれ、選考作品は発表から10年以上経っている必要がある。