現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 舞台 > 演劇 > 記事 ここから本文エリア

〈評〉美しく哀切な青春の挽歌 「タンゴ・冬の終わりに」

2006年11月13日

 清水邦夫作、蜷川幸雄演出コンビの代表作の一つがよみがえった。60〜70年代を共に過ごし、政治闘争の熱さと、挫折の苦さを共有した世代の思いが投影された戯曲である。だが今回、作り手と親子ほど年の離れた堤真一らが演じることで、作品は特定の時代から解放され、みずみずしく輝いた。これは美しく哀切な、青春への挽歌(ばんか)。若さとその終焉(しゅうえん)をめぐる物語が心を揺さぶる。

 日本海に面した町の映画館が90人近い若者で埋まっている。おびただしい歓喜、怒り、悲しみが息づき、「若さ」が雪崩のように迫ってくる。この冒頭場面に圧倒される。

 彼らが消えると、さびれた客席に男が一人うずくまっている。スター俳優だった清村盛(堤)。3年前に「美しい人は若くて死ぬべきだ」と引退し、妻ぎん(秋山菜津子)と生家の映画館に帰ってきた。いまは精神を病み、幻の孔雀(くじゃく)を追い求める。そんな盛を救おうと、ぎんは彼のかつての恋人・水尾(常盤貴子)を呼び寄せる。夫の連(段田安則)が追って来る。

 盛の周りでは、美と死が対になっている。少年時代に盗んだ孔雀の剥製(はくせい)。入水(じゅすい)した姉のきれいな死に顔。演じたレジスタンスの青年が最後の朝に聞くタンゴ……。盛は若さを失うことを拒否した。老いを恐れたのではなく、大人になるのを拒んだのだ。彼はついに美と理想の象徴である孔雀を抱きしめる。その行為もまた、死に結びつく。

 そんな男を堤が鮮烈に演じる。狂気と正気の往還を繊細に表現し、再会した水尾を新たに愛し始める初々しさなど、どの場面も目を奪う。秋山は夫を守る覚悟の強さ、女の情愛と悲しみを切れ味良く見せる。

 盛と対照的な男たちにも魅力がある。段田からは、凡庸な男の美しい妻への切ない愛があふれ、家業の映画館を継いだ盛の弟・重夫(高橋洋)の誠実さは、劇にぬくもりを与える。

 それにしても、無残な結末の舞台が、なぜこんなに甘美なのだろう。盛という男を通して、誰もが胸にしまっている何かに挫折した思いと悔恨が、激しく、やさしく弔われるからかもしれない。(編集委員・山口宏子)

 29日まで、東京・渋谷のシアターコクーン。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.