現在位置 : asahi.com > 文化芸能 > 芸能 > 舞台 > 演劇 > 記事 ここから本文エリア

朝日舞台芸術賞、受賞者らに賞牌 東京・虎ノ門で贈呈式

2007年01月31日

 演劇やダンスなどの優れた舞台成果を顕彰する第6回朝日舞台芸術賞の贈呈式が31日、東京・虎ノ門のホテルオークラであった。年間最優秀作品に贈るグランプリのほか、1団体と7人が各賞に輝いた。

写真

前列左から東京バレエ団の佐々木忠次、麻実れい、天児牛大、中村吉右衛門、寺島しのぶ、小幡欣治、後列左から市川亀治郎、グランプリ作の共同制作者・津村卓と出演者・蝉丸、段田安則、倉野章子(角野卓造さんの代理)の各氏=31日午後、東京都内で

 グランプリ作品「時のなかの時――とき」(天児牛大=あまがつ・うしお=さん演出・振り付け・デザイン)に正賞の賞牌(しょうはい)と副賞200万円、そのほかの受賞者には賞牌と副賞100万円が贈られた。

 また、優れた現代舞踊作品の再演をキリンビール株式会社が支援するキリンダンスサポート(最高1000万円)は、「時のなかの時――とき」を上演した山海塾が受けた。

 あいさつに立った秋山耿太郎・朝日新聞社長は「素晴らしい方々に賞を受けていただきありがたく思います」と話した。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.