2018/07/09

持続可能な社会への移行をどう加速化させるか
次世代リーダーサミット(NELIS)上智大で開催

朝日新聞DIALOG編集部

不安定(Volatile)かつ不確実(Uncertain)、複雑(Complex)かつ不明確(Ambiguous)な、「VUCA」と呼ばれる時代に生きる私たち。気候変動による自然災害の増加や、森林破壊による生態系の破壊、都市生活者の増加に伴う格差の拡大など、様々な課題に直面しています。解決するには、新しい価値観と行動力を持つリーダーが必要。そんな理念を掲げ、2015年に日本で始まったプロジェクトがNext Leaders’ Initiative for Sustainability (以下、NELIS)です。

一般社団法人NELISの共同代表を務めるのは、「売り手」「買い手」「世間」の「三方良し」で知られる近江商人の街・滋賀県近江八幡市で長年、自然とビジネスの融合を目指して活動してきた老舗和菓子店「たねや」4代目の山本昌仁社長と、近江八幡商工会議所の秋村田津夫会頭、そして、環境問題やCSRのコンサルティングに取り組んできた、在日歴20年超のデンマーク人、ピーター・D・ピーダーセンさんの3人です。世界各国の次世代リーダーたちをネットワーク化し、持続可能な社会の創造に向けた知見の共有や、情報発信を続けています。
6月9、10の両日には、上智大学(東京都千代田区)との共催で、16カ国から40人の次世代リーダーを日本に招き、2回目となる「次世代リーダーサミット」を開催。2日間でのべ525人が参加しました。当日の模様をお伝えします。

サミットの冒頭、上智大の曄道佳明学長があいさつしました。「NELISの趣旨に強く賛同し、共催させていただくことにした。どんなに時代が変わっても、私たちが物事を考えるときの主人公は人間の心であり、魂であることは変わらない。そのことを意識しながら、NELISに集うエネルギッシュな若い人たちと共に、新しいことに取り組みたい」と語りました。
次に登壇したのは、NELIS共同設立者の一人である近江八幡商工会議所会頭の秋村さん。「若い人に会うと、必ず聞くことがあります。『人生の目的はなんですか』『何と闘おうと思っていますか』の二つです。グローバルな次世代ネットワークが必要だと20年以上前から思ってきました。次世代が何と闘おうとしているかが分かると、我々の世代がサポートできる。若い人たちと共通の目的を見つけて、変革に向けた責任を果たしていきたい」と語りました

(左・講演するパトリック・ニューウェルさん)

続いて、同じくNELIS共同設立者のピーダーセンさんが会場に呼びかけました。「かつての奴隷制度のように、現在は『当たり前にしていること』で、数十年後には『恥ずかしいこと』になっているであろう習慣やできごと、行動を考えてみてください。ふせんに書いて、ロビーに張り出してください。明日の議論の題材にします」。性差別、人種差別、プラスチックの乱用、ファストファッション……。様々な意見が出されていました。
最初のテーマトークでは、「Exponential Sustainability-サステナビリティの大規模化と高速展開のために必要なこととは?」をテーマに、プレゼンイベント「TED×Tokyo」の仕掛け人で、一般社団法人「21 Foundation」創設者のパトリック・ニューウェルさんが登壇。「2は30回足しても60にしかならないが、30乗すれば10億以上だ。指数関数的に飛躍する面白い時代に生きる我々は、この時代におけるサステナビリティとは何かを考えることが重要。1×1=11にできるような集合知が必要だ」と語りました。
また、この先の10年間は、人類がかつて経験したことのない指数関数的な変化が起こるだろうと述べ、「同じ会社に30年間いるような人には、こうした変化が理解できない。長年の慣行を自分たちで破壊するのか、破壊されるのを待つのか、問われている」と語りました。更に、会場に集まった学生たちに対し、「(英オックスフォード大学の)オズボーン准教授は、近い将来、今ある仕事の46%はなくなると言っているが、恐れることはない。君たちには『人生の目的を何にしたいか?』と尋ねたい。目的をきちんと考えた上で、アイデアを持って踏み出せば、応援してくれる人は必ず出てくる」とエールを送りました。

(左・講演するワンさん)

続いて講演したのは、NELISメンバーで中国出身のツィーロン・ワンさんです。2年間かけて世界を自転車で一周する旅をした経験から、「自然とスピリチュアリティをつなぐ」をテーマにプレゼンテーションを行いました。「資本は指数関数的に増大を目指しますが、自然は相互依存の関係を深めようとします。この二つをどのように調和させればよいのでしょうか。サステナビリティコンサルタントとして、世界の大企業と様々な取り組みを進めてきましたが、成長目標を達成しようとした結果、挫折を余儀なくされました。では、私たちは、何を持続させようとしているのか? その答えを探るため、世界を自転車で回る祈りの旅に出たのです」とワンさん。
宿泊先はホテルではなく、すべて見知らぬ地元の方々の自宅だったそうです。「断られることもありましたが、次に訪ねる家族のために祈る機会が与えられたと思って感謝しました」と振り返り、こう続けました。「旅を通じて、人の多い地域では必ず、エコシステムの破壊が起きていることが分かりました。そこで自然を守ることができれば、今のサイクルを変えることができます。私たちはサステナビリティを目指すだけでなく、私たちのたどる道自体がサステナブルでなくてはいけないのです」と語り、講演を締めくくりました。

初日はこのほか、「廃棄物」「持続可能な農業」「企業の社会的責任(CSR)」「食料の未来」など、多様なテーマを柱としたワークショップや、エシカル・ファッション会社「Po-Zu Ltd.」のマネージング・ディレクターであるサフィア・ミニーさんの講演などが開かれました。

pagetop