2019/02/22

テクノロジーが実現する未来を体験しよう
CISCO DIGITAL JAPAN DAYS 2019
東京ミッドタウン(六本木)で3月5日~9日開催

[PR]シスコシステムズ合同会社

「Changing the way we work, live, play and learn ―― 人々の働き方、生活、娯楽、学びのあり方を変える」をビジョンに掲げ、ネットワークやセキュリティ、IoTなど、様々なテクノロジーを駆使して、国や企業のデジタル化、貧困や飢餓の改善、男女の機会均等など、世界の様々な課題に取り組んでいるシスコシステムズ。長年に渡りインターネットの普及を支えてきた同社が3月5日〜9日の5日間、〈「つなぐ」がつくるみんなの未来〉をテーマにしたイベント「CISCO DIGITAL JAPAN DAYS 2019」を開催します。

会場は、六本木の東京ミッドタウン。イベントでは、未来の街・未来の教育・未来の働き方・未来のスポーツとエンターテインメントを体験できる参加型の展示やセッション、ワークショップなどが企画されています。今回は一足早く、その内容の一部をご紹介します。

プログラムは、当日参加が可能なオープン会場での展示と、事前申込制のクローズド会場でのイベント(セッション、ワークショップなど)に大きく分かれています。

オープン会場では、東京と京都をつなぎ、京都の伝統的な提灯作りや舞妓さんとのリアルタイムコミュニケーションを体験できる「デジタル京都体験」を始めとして、学習したいトピックをタッチすると、そのスキルを持っている人につながり、学習支援をしてくれる「タッチ&ラーン」や、デジタルホワイトボードに描いた絵が飛び出して動き出す「ARアクアリウム」など、遊び心にあふれながらも、より豊かで便利な社会の発展を想像させる数多くの展示が企画されています。親子連れ、学生、ビジネスパーソンら、誰にとっても発見や楽しみがある、充実のプログラムになっています。

クローズド会場では、大学や専門学校、高校の女子学生・生徒を主な対象に、テクノロジーの未来やセキュリティの重要性についてのセッションや、社会で働く先輩社員とのディスカッション、シスコのサイバーセキュリティスカラシップの紹介などを行う「Women Rock IT」や、シスコのデベロッパー向けプログラム 「Cisco DevNet」が提供するプログラミング体験、働き方改革に関心のある方に向けて、ゲストスピーカー交えてのトークセッションや、オフィスツアーを実施する「ワークスタイル変革セッション&ツアー」などが開かれる予定です。こちらはいずれも事前申込が必要なので、お早めにご登録をお願いします。

最新のテクノロジーを見て、触って、楽しめるイベントに、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

イベント詳細

・開催日時 2019年3月5日(火)〜9日(土)11時〜21時
(5日の15時~17時半はオープニングレセプションのため、一部オープン会場を非公開に)
・会場 オープン会場:東京ミッドタウン ガレリアB1階「アトリウム」
    クローズド会場:東京ミッドタウン21階 シスコシステムズ東京本社オフィス内
            東京ミッドタウン18階 ワークスタイリング東京ミッドタウン
・参加費 無料
・URL(事前登録): https://www.cisco.com/c/m/ja_jp/lp/cdjd2019.html
・お問い合わせ シスコシステムズ合同会社 Cisco Digital Japan Days 2019イベント事務局
        Eメール:cisco-event@jevent.com 受付時間:平日9時〜17時30分

関連記事

pagetop