DIALOG 日本の未来を語ろう :朝日新聞デジタル
2020/02/17

大学 SDGs ACTION! AWARDS 2020
~SDGs達成のために、キミが出来ることは?~
最終選考会「結果発表」速報!

大学生がSDGs(持続可能な開発目標)の達成を目指して、オリジナルのアイデアを発表するコンテスト「大学SDGs ACTION! AWARDS 2020」(朝日新聞社主催)の最終選考会が2月15日、渋谷QWSスクランブルホールで開かれました。100件以上の応募から選ばれた12組が、思いのこもったプレゼンテーションを披露しました。

グランプリには、「超スマート社会を拓く人・モノ・街づくり」と題したプレゼンを行った岩手県立大学が選ばれました。人口減少が進む地元の岩手県滝沢市に末永く住み続けたいとの思いから、ロボット開発を起点にした人材育成や雇用創出などに向けたアイデアを紹介。審査員からは「自分の足元に真正面から向き合い、身の回りの課題を自分ごととして捉えている」と高く評価されました。

受賞結果は下記の通りです。

・グランプリ
岩手県立大学「超スマート社会を拓く人・モノ・街づくり」

・準グランプリ 住友金属鉱山賞
横浜市立大学「古着を布ナプキンへ!~アフリカの月経貧困を解決する~」

・準グランプリ 日本ガイシ賞
大阪大学「アクティヴに学べる実験・ものづくり授業を子どもたちへ!新興国での理科教育コンテンツ製作と効果検証」

・スタディツアー下川町×JAL賞
大妻女子大学「Yellow Dream Project~持続可能な女性支援プロジェクト~」

・スタディツアー瀬戸内町×JAL賞
麻布大学「AGM Project(あおねグリーンマッププロジェクト)

・オーディエンス賞
東京外国語大学「ShareRo(シェアロ)」

・審査員特別賞
慶応義塾大学・千葉大学「シンギュラリティ白杖『Co-イル』」

・ファイナリスト賞
東京大学大学院「オンライン教育改革をネパール全土に広げ、教育格差や地域格差をなくしたい」
摂南大学「高齢者を輝かせるAI活用法」
立命館アジア太平洋大学「フードロスを解消するためのレストランと地域コミュニティー作り」
宮崎大学「アフリカへの人道支援を通じたグローバル教育の実践-トーゴ共和国の井戸修復プロジェクト」
関西大学「性別なんかで判断されたくない!新しい履歴書およびエントリーシートを作ろう!」

コンテストの模様は後日、朝日新聞DIALOGで詳しくお伝えします。

関連記事

pagetop