超スマート社会へ創業 りんご農家で実験スタート大学SDGs ACTION! AWARDS 2020 受賞リポート:朝日新聞DIALOG
2020/12/29

超スマート社会へ創業 りんご農家で実験スタート
大学SDGs ACTION! AWARDS 2020 受賞リポート

By 岩手県立大学・田尻隼人(NPO法人IRCプロジェクト)
りんご農家での走行実験=岩手県八幡平市、写真・イラストはいずれも田尻さん提供

 国連のSDGs(持続可能な開発目標)を若い力で達成しようと創設された「大学SDGs ACTION! AWARDS」。コンテストを通じて生まれたアイデアが広がり、育っています。2020年のグランプリに輝いた「超スマート社会を拓(ひら)く人・モノ・街づくり」の活動について、受賞チームの岩手県立大学・田尻隼人さん(NPO法人IRCプロジェクト)から報告です。

【エントリー 1月18日まで】大学SDGs ACTION! AWARDS 2021

グランプリきっかけ 夢へ前進

 昨年2月の「大学SDGs ACTION! AWARDS 2020」では、私たちのプロジェクト「超スマート社会を拓(ひら)く人・モノ・街づくり」をグランプリに選出していただき、ありがとうございました。この受賞を機に、私たちには様々な変化が起こりました。私たち自身がここまで変化するとは思っていなかったので、1年前がまるで遠い昔のように思ってしまいます。

 「大学SDGs ACTION! AWARDS 2020」では、りんご農家の多岐にわたる作業を自動化するなど、農業の課題を解決するロボットを作って持続可能な農業を実現するとともに、クリエーティブな人材を育てて農業以外の様々な地域課題も解決し、住み続けられる岩手県滝沢市を作りたいという発表をしました。

私たちがめざす2030年の滝沢市のイラスト

搬送ロボ開発 人間トラッキング搭載めざす

 受賞後の5月、私たちは「大学SDGs ACTION! AWARDS 2020」の賞金を資本金として、「滝沢ロボティクス合同会社」を創業しました。農業搬送ロボットや教育ロボットキットの開発を中心に、組み込み系や加工、WEBサイトや動画の受託事業を進めています。

 11月24日には、株式会社GINGA(代表取締役・大谷史也)と業務提携し、アウトプットとして岩手県八幡平市のりんご農家・古屋亮輔さんの農園で、農業搬送ロボットの走行実験を行いました。

 多くの農業機械はエンジンで動いていますが、ロボットは電気によるモーター駆動です。作業中のCO2排出量をゼロにできるという大きなメリットに加え、作業音が静かであることも実験を通して明らかになりました。

 このロボットは将来、人間トラッキングや自動走行機能を搭載し、搬送や農薬散布、散水などの自動化をめざしています。これは、広大な自然に恵まれた岩手県に拠点を置いているからこそ、できることだと考えています。

ロボット組み立て 子どもたちと

 私たちはもともと、子どもたちにIT教育を行うNPO法人「IRCプロジェクト」を通じて、将来のロボット仲間を増やすことを目的に、小中高生を対象としたロボットの製作・プログラミングの教室「いわて未来アカデミー」を運営していました。もちろん現在も続けています。私たちは、そこで技術を身に付けた生徒たちと一緒に、地域の課題を解決するロボットを作りたいという思いで活動しています。

 農業搬送ロボットの組み立ては「いわて未来アカデミー」の生徒にも協力してもらっています。私たちの姿を見て、良くも悪くも生徒自身の人生の学びにしてもらいたいと考えています。

ファブテラスいわて

クリエーティブな人々 増やす拠点も

 4月から「IRCプロジェクト」は岩手県からの委託で、ものづくり施設「ファブテラスいわて」を管理・運営しています。県民のみなさまに3Dプリンターなど「デジタルものづくり」の楽しさを広めるとともに、起業にも結び付くような独創的な製品開発ができる場所をめざしています。

 地方企業は、大企業からの下請け業務が多くなりがちですが、この施設を活用したメーカームーブメントの推進によって、自らアイデアを発案して形にできる「クリエーティブな人々」を増やすことができるかもしれません。

 これはSDGsの目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」の達成にもつながります。この施設を運営し活用することが、私たちのめざす世界への近道になると考え、日々活動しています。

 グランプリ受賞をきっかけに、さまざまな所での講演や記事寄稿の依頼をいただき、多くのつながりができました。技術には自信があった私たちにとって、私たちの活動に興味を持ちご協力いただける方々がたくさん増えたということは、目標を達成する上で大きな力になります。

 「大学SDGs ACTION! AWARDS 2020」グランプリという結果を胸に、私たちは滝沢市で超スマート社会を拓く活動を続けていきます。引き続き、熱いご声援をよろしくお願い致します。

昨年、受賞後の田尻さん(左)。一緒にプレゼンした山田尚さんと

関連記事

pagetop