コロナ禍 大学生のリア充、どこいった?DIALOG学生部ラジオ #002:朝日新聞DIALOG
2021/06/18

コロナ禍 大学生のリア充、どこいった?
DIALOG学生部ラジオ #002

By DIALOG学生部

BGM:MusMus

 コロナ禍で大きく変わった日常は、大学生活も大きく変えました。

 ゼミ、文化祭、教育実習、就活……。どんな生活をしたか、変わってしまったことは何か、何を考えたか、など、それぞれの立場で思いを語りました。

語り合ったメンバー
 しぶや(大学3年) 声をだせない応援団
 なかじ(大学4年) 生徒と密になれない教育実習
 あかり(大学4年) コロナで卒論テーマ変更
 そうた(大学3年) オンライン就活で下がるモチベーション

(2020年10月収録。学年などは当時のものです)



私たちはしゃべりたかった。

「このままならない世の中に、答えなんてない」
大人たちはいう。

同じ口で大人は希望を語る。
「進め、行動してみよう。だって、若者には、未来があるのだから」

ある大人が問うた。
「生きづらくないですか?」

よくわからなかった。
相反するものを、未完成のこの身体に押し込めているのは誰だ。

私たちはしゃべりたかった。
まだ何者でもない、ただの大学生だけれど。
気になること、モヤモヤしていること。
大切にしていること。

言葉は難しい。
それでも、伝われと願うから。

私たちはしゃべりたかった。
だから、
ラジオをはじめる。


pagetop