DIALOG 日本の未来を語ろう :朝日新聞デジタル
災害・復興

ふるさとを未来へ ゼロから挑む
住民の帰還へ着々 復興への思い——福島県双葉町〈前編〉

【PR】UR都市機構

ふたば、ふたたび 可能性の町 さあ前へ
ふるさと愛 思いをつなぐ——福島県双葉町〈後編〉

【PR】UR都市機構

柿の木・原爆・震災——揺さぶられた心 答えを探して
アートの力 現代美術家・宮島達男さんに聞く

豊かでやさしい町へ チャレンジ
新たな出発 復興を語り合う——福島県大熊町〈後編〉

【PR】UR都市機構

動き始めた町 未来への希望
全町避難からの復興——福島県大熊町〈前編〉

【PR】UR都市機構

10年は区切りなのか 被災地で聞き、伝える 何度でも
作家・クリエーター いとうせいこうさん

変容する災害リスク 「まさか」に備えて
9・1 防災の日 専門家と考える 

【PR】丸美屋食品工業、旭化成ホームズ、河村電器産業、伊藤忠商事、能美防災、朝日新聞SHOP

地域に活気をもたらす取り組み
陸前高田の復興 後編朝日新聞DIALOG セッション

【PR】UR都市機構

再生を超え、発展を目指すまち
陸前高田の復興 前編朝日新聞DIALOG スタディーツアー

【PR】UR都市機構

被災した漁師町で「ふるさと」を見つける
学生記者が陸前高田で民泊してみた

被災者一人ひとりと向き合うために
災害支援団体のネットワークをつくる

被災地・女川に子どもたちの居場所を
「女川向学館」が支えた8年とこれから

3・11から8年 須田善明・宮城県女川町長インタビュー
「地方の新しい可能性を示していくことが使命」

大学生3人×女川町のまちづくり関係者7人によるセッション
対話して進めたまちづくりに、復興の英知があった
新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 後編 朝日新聞DIALOG スタディーツアー

【PR】UR都市機構

海辺の町は、最先端のコンパクトシティーになった
新しい「スタート」に満ちた、被災地・女川の復興 前編 朝日新聞DIALOG スタディーツアー

【PR】UR都市機構
MORE
pagetop