自分の心にウソをつかない「きれいな声」より大事なこと山口由里子さん特別授業 香川県立盲学校:朝日新聞DIALOG:声の力
文字サイズ変更

「声の力」プロジェクト

2021年03月23日公開

自分の心にウソをつかない
「きれいな声」より大事なこと
山口由里子さん特別授業 香川県立盲学校

By 森松彩花(DIALOG学生記者)

 朝日新聞DIALOGが取り組むシリーズ企画「声の力」。2020年度最後の開催は3月上旬、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の赤木リツコ博士や、「ONE PIECE」のニコ・ロビンを演じる声優の山口由里子さんが特別授業を行いました。参加したのは、香川県立盲学校(高松市)の小学6年生から高校3年生まで計6人の生徒です。本来は現地で行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症対策のため朝日新聞東京本社(東京都中央区)と同校をつないだオンラインでの開催となりました。授業で山口さんが繰り返し伝えたのは「声の力は、心の力」ということ。山口さんと一緒に、声と心の関係について考えた生徒たちの様子をお伝えします。

「声の力」プロジェクト
 文化庁の「令和2年度 障害者による文化芸術活動推進事業」として、視覚障害児が声による伝え方の多様性を学ぶことで、自分の可能性を再発見することを目指すプロジェクト。文化庁と朝日新聞社が主体となり、株式会社青二プロダクション/青二塾と株式会社主婦の友インフォス(「声優グランプリ」編集部)の協力を得て進めている。

両耳を引っ張って、体をほぐす山口さんと生徒たち

「筋トレが趣味」「撮り鉄です」

 授業開始のチャイムが鳴る前から、生徒たちは画面上でお互いの名前を呼び合うなど和気あいあいとした様子です。そのような中で、山口さんの「今日はよろしくお願いします!」という明るい声で授業がスタートしました。授業は基礎編と応用編の2部構成です。

 自己紹介で「みんなの好きなものを教えて」と山口さんが尋ねると、生徒たちからは「筋トレが趣味でパラ水泳を目指しています」「撮り鉄です」「鶏肉が大好きで、中でも一番好きなのは水炊きです」など個性豊かな答えが返ってきました。生徒たちの話に丁寧に耳を傾け、山口さんは生徒との距離を縮めていきます。

 次は、山口さんの自己紹介の番です。声優の仕事を20年以上続けてきた山口さん。声優として一番大事だと思っていることは「声の力は心の力であり、声にいつも自分の心を乗せることです」と話します。声に心が乗る例として、山口さんがこれまで演じた性格の異なる3人のキャラクターの名場面を披露。プロの声優の画面を突き破るような表現力に、生徒たちからは大きな拍手が起こりました。

いい声はリラックスから みんなで準備体操

 続けて、山口さんは「みんなも気づかないうちに毎日いろいろな声を出しているんですよ。今日は自分の声を意識して聞いてみよう」と呼びかけました。

 声を出す練習から始まるかと思いきや、体をほぐすことから始まりました。山口さんは「リラックスした状態じゃないと声は出ません。体と心をほぐすことが大切です」と説明。画面越しにみんなで一緒に首や手首を回し、緊張がほぐれてきたところで声を出していきます。「ウー」と思い切り口をとがらせたり、耳を引っ張りながら「イー」と言ったり。最初は生徒たちは恥ずかしそうでしたが、山口さんの優しい語りに合わせて少しずつ慣れてきた様子です。「フッフッ」と息を吐く腹式呼吸の練習を行った後はハミングです。自分でいい音だなと思う音を探りながら「ン~~」「ア~~」と、みんなで声を出していきます。「自分の音を聞いてみて、どうだった? いい音は出たかな?」という山口さんの問いかけに、生徒たちからは「低い音が難しい」「ちょっと微妙だった」「うまくできた」と様々な感想が返ってきました。

かがわのうどん つるつるすする

 続いては、早口言葉に挑戦です。まずは、自分の名前を3回言う対決です。「フルネームが5文字で短いから有利だ」など、生徒たちは次第にヒートアップしていきます。口が動くようになってきたところで、次のお題は、山口さんがこの授業のために作ったオリジナルのご当地早口言葉です。

山口さん作成のオリジナル早口言葉
香川県
 かがわのうどん つるつるすするさぬきうどん
 どんどんうどん つるつるうどんどうぞ
愛媛県
 えひめのみかん なつみかんあまなつみかん
 あまいなつみかん あまいあまなつみかん
徳島県
 とくしまのすだち すってもすだち
 するするすだち するするするすだち
高知県
 こうちのかつお まけてもかつお
 しめてもたたかれてもあぶられてもかつお

 早口言葉を言うときのポイントとして、山口さんは「気持ちを入れて、イメージしながら読んでね。香川だったらうどんをおいしそうにすすっている様子を想像しながら言ってみよう」とアドバイス。「早口言葉を読む子どもたちにクスッと笑ってもらいたい」という山口さんの狙い通り、生徒たちは楽しそうに何度も復唱しています。中には、最後までかまずに言える生徒も出てきました。一通り言い終えると、「私は愛媛が得意」「僕は香川が一番難しい」などの声が飛び交います。ここで1時間目が終わって15分間の休憩に入ったのですが、なんと生徒たちは自主的に早口言葉の対決をしています。先生たちも加わって激しいバトルが続き、大盛り上がりでした。

宝くじで笑おう 200円、1万円…3億円!

 興奮冷めやらぬまま、応用編の授業が始まりました。次のテーマは「心を解放すること」です。まずは「笑い声」に挑戦します。最初に山口さんは、声優の演技トレーニングの一つとして「笑いの5段階表現」があることを紹介。ちょっとうれしいこと、すごくうれしいこと、ものすごくうれしいことというように、笑い方を5段階に分けて少しずつ上げていく練習をしているそうです。授業では、生徒たちが想像しやすいように、宝くじを例に表現しました。当選金額が200円、1万円、100万円、3億円と上がるにつれ、生徒たちの笑い声の大きさや高さ、テンションが自然とどんどん上がっていきます。

 

 泣き声の練習を経て、次は言葉で感情を表現します。「自分の好きなものを言ってみよう」という呼びかけに、生徒たちは「いちごが大好きです!」「メロンが大好きです!」など感情を込めて伝えます。自己紹介でも鶏肉が好きだと話していた高校2年の唐渡大地さんは「鶏肉がだいっすきです!」と渾身(こんしん)の「大好き」を披露。鶏肉への思いが伝わる表現に、山口さんは「すごくいいよ!」と絶賛しました。

 続いて山口さんは「次は『ピーマンが大好きです』って言ってみるのはどう?」と提案します。でも、生徒たちは嫌そうな顔で、あまり気持ちが込められない様子です。山口さんは「好きではないものを好きとは言えない。それが本当の心なんだよね」と気持ちと合った言葉を発する大切さを伝えます。

優しい気持ち 意識するだけで

 さらに山口さんは「『先生、いつもありがとう』と言ってみようよ」と呼びかけます。みんな少し照れくさそうに、隣で授業を見守っている先生に感謝の気持ちを伝えました。「『ありがとう』と言ったときは、どんな声が出ていた? どんな気持ちになった?」と聞くと、生徒たちは「明るく元気な声」「聞いていてうれしい声」などと答えます。今度は山口さんが、わざとぶっきらぼうな感じで「ありがとう」と言うと、生徒たちは「いい加減な気持ちが伝わってきた」と感想を述べました。それを聞いて山口さんは「そうだよね。投げやりな言い方では、相手を傷つけてしまうこともあるかもしれません。言葉でうまく伝えられなくても、優しい気持ちで声をかけるだけで相手に優しさは伝わります」と話します。どんな声で相手に伝えるのかを意識するだけで、伝わり方が変わることを生徒たちに訴えました。

 授業の最後に、山口さんは生徒たちに校歌を歌うことをリクエスト。突然の依頼に生徒たちは戸惑いながらも丁寧に歌い上げました。「山口先生から教わった『心』を意識して歌った」という様子を見て、山口さんは「すごく素敵。みんないい声だったよ。感動しました」と拍手を送りました。続けて「自分の心にウソをついて話しても、相手には伝わりません。嫌いなことを無理して好きと言わずに、みんなはみんなのままで自分の心を大事にして生きていってほしいです」とエールを送りました。

生徒たちの感想
小学6年 上田琉生さん 人と話しているときに、自分の声は気にしたことがありませんでした。自分の本当の気持ちを言葉に表すことが大事なんだなと思いました。
高校2年 唐渡大地さん リモートでの授業になってしまったのは残念だったけれど、プロの声優さんに教えてもらうのはなかなかない機会です。僕もみんなも思い切り楽しめた授業でした。
高校2年 山川祐樹さん 感情を声で表現するのは難しかったけれど、声や話し方で相手への伝わり方が変わるということを教わったので、自分のコミュニケーション能力の向上に役立てたいです。
山口さんの感想 リモート授業の様子があまり想像できず不安でしたが、全員が心から授業を楽しんでくれているのが分かったので、私自身もすごく楽しかったです。声優を目指す人たちを指導すると、きれいに滑舌よくしゃべることを優先して、一番大切な「自分の心を声に乗せる」ということができていない人が意外と多いなと感じています。今日の生徒たちに一番伝えたかった「心によって声や伝え方が変わる」ということを、みんながちゃんと受け取ってくれたことがうれしいです。

自分の人生 心のままに
森松彩花(DIALOG学生記者)

 心の底から楽しんで授業に参加する生徒たちを取材して、「声の力」だけでなく、もっと大切なことに気づかされました。それは「自分の心に正直でいること」です。 振り返ると、小学生の時の私は、心のままに過ごしていました。仲良しグループの枠組みなんて関係無く、「今日は何の遊びをしようか」と、毎日学校に行ってたくさんの友達に会うのが楽しみでした。ですが、大人になるにつれて「これを言ったら嫌われるかな」「これを言えば自分がよく思われるのではないか」と無意識のうちに他者の評価を計算して言葉を発するようになったように思います。昨年の就職活動でも「何を言えば面接官のウケがいいのか」ばかりを考え、自分の心にふたをしてしまっていました。せっかくの自分の人生、自分の心の声に耳を傾けないなんて、もったいないと思います。自分の心にも、そして周りの人の心にも優しく向き合える人になっていきたいです。

「声の力」プロジェクト 記事一覧

2022年03月25日公開

声だけで こんなに伝わる つながれる みんなで作ったラジオドラマ
古川登志夫さん・柿沼紫乃さん×筑波大附属高校・視覚支援学校

記事を読む
2022年02月04日公開

明日は明日の風が吹く…って言ったの、だーれ?
三上枝織さん特別授業 北海道札幌視覚支援学校

記事を読む
2022年01月25日公開

自由にリラーックス! 殻を破った みけねこニャー
水田わさびさん特別授業 群馬県立盲学校

記事を読む
2022年01月19日公開

ウミガメ愛、伝われ ゆうったり、ゆうったり…
筑波大学附属視覚特別支援学校

記事を読む
2022年01月18日公開

想像して、心で感じて、声に乗せて
山口由里子さん特別授業 香川県立盲学校

記事を読む
2021年03月23日公開

自分の心にウソをつかない
「きれいな声」より大事なこと
山口由里子さん特別授業 香川県立盲学校

記事を読む
2021年03月02日公開

シリウスのように輝く 自分らしい表現求めて 4日間の挑戦
岩田光央さん 特別朗読劇講座

記事を読む
2021年02月24日公開

みんなを笑顔に 優しさ・共感 言葉に込めて
岩田光央さん特別授業 群馬県立盲学校

記事を読む
2021年02月12日公開

この思い、まっすぐに届け 古川登志夫さん特別授業
筑波大学附属視覚特別支援学校

記事を読む
2021年01月14日公開

声の力は個性の力 水田わさびさんと伝える元気
カレーの味もアリの歩みも
神奈川県立平塚盲学校

記事を読む
2020年02月07日公開

『青山二丁目劇場』収録@文化放送
高校生と人気声優5人がついに“競演”

記事を読む
2020年02月06日公開

声優・ナレーター 磯部弘 特別授業@ラジオドラマ制作合宿

記事を読む
2020年02月05日公開

声優・山口由里子 特別授業@愛媛県立松山盲学校

記事を読む
2020年01月23日公開

声優・岩田光央 特別授業@広島県立広島中央特別支援学校

記事を読む
2019年12月11日公開

声優・水田わさび 特別授業@岐阜県立岐阜盲学校

記事を読む
pagetop