DIALOG 日本の未来を語ろう :朝日新聞デジタル
文字サイズ変更

「声の力」プロジェクト

2019年09月20日公開

「声の力」特別授業Vol.1
声優・古川登志夫@筑波大学附属視覚特別支援学校
オリジナルの表現が大切だから一人ひとり違っていていい

記事を読む

「声の力」プロジェクト 記事一覧

2019年09月20日公開

「声の力」特別授業Vol.1
オリジナルの表現が大切だから一人ひとり違っていていい

記事を読む
2019年09月06日公開

シリーズ企画「声の力」 イントロダクション
視覚障害とともに生きるということ

記事を読む
2019年08月30日公開

全盲の東大准教授にインタビュー
障害が「困難」にならない社会を目指して

記事を読む

「声の力」プロジェクトとは

「声の力」は、視覚障害のある高校生たちが、声による表現方法を学ぶことで、自身の可能性を広げることを目指すシリーズ企画。プロの声優が各地の視覚特別支援学校で特別授業を行い、レッスンを重ねた受講生がラジオドラマの制作を目指します。

文化庁

「障害者による文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」
主催:文化庁、朝日新聞社
協力:株式会社青二プロダクション/青二塾、株式会社主婦の友インフォス(『月刊 声優グランプリ』)

アクセシビリィティについて

本特集ページは、障がいの有無や年齢などに関係なく、一人でも多くの方々が利用できるページを目指します。写真や動画、CGなど多彩な表現を含むコンテンツを、どんな環境の方々でもアクセスして理解できるようにウェブ・アクセシビリティに配慮しています。効果を検証しながら、改善と向上に努めていきます。

pagetop