現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

手書きメモはスマートフォンで「撮って残す」(2/2ページ)

2011年2月17日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:画像1:キングジムが2月7日から発売した新メモ帳「ショットノート」。表紙が白と黒の二種類あり、サイズはSMLの3種。LはA5用紙サイズ大(左)で1冊630円、MはA6用紙(ハガキ)サイズ大(左から3、4つ目)で同451円、SはA7用紙サイズ大(右)で同336円。専用カバー(中央奧)も発売拡大画像1:キングジムが2月7日から発売した新メモ帳「ショットノート」。表紙が白と黒の二種類あり、サイズはSMLの3種。LはA5用紙サイズ大(左)で1冊630円、MはA6用紙(ハガキ)サイズ大(左から3、4つ目)で同451円、SはA7用紙サイズ大(右)で同336円。専用カバー(中央奧)も発売

写真:画像2:専用アプリ「ショットノートApp」での撮影画面。画面上の4つの枠内に、メモの四隅のマークを入れるように撮影することで、ゆがみ補正を行う。用紙に影がかかるとうまく認識できないことが多いようだ拡大画像2:専用アプリ「ショットノートApp」での撮影画面。画面上の4つの枠内に、メモの四隅のマークを入れるように撮影することで、ゆがみ補正を行う。用紙に影がかかるとうまく認識できないことが多いようだ

写真:画像3:自動できちんと長方形に補正されたメモ(左)。もちろん拡大もできるので、多少は細かく書いても大丈夫。ページ上部の書き込みスペースに日付や番号を書き込むと、ちゃんと日付や番号として認識する(右)拡大画像3:自動できちんと長方形に補正されたメモ(左)。もちろん拡大もできるので、多少は細かく書いても大丈夫。ページ上部の書き込みスペースに日付や番号を書き込むと、ちゃんと日付や番号として認識する(右)

写真:画像4:エバーノートに取り込んだショットノートのメモ。手書き文字認識の対象になり、「買い物」で検索できた拡大画像4:エバーノートに取り込んだショットノートのメモ。手書き文字認識の対象になり、「買い物」で検索できた

写真:画像5:無料版のCamScanner Free。用紙の領域が自動認識されているが、四隅の丸をドラッグして手動での指定も可能。取り込み画像はややノイズが多い印象拡大画像5:無料版のCamScanner Free。用紙の領域が自動認識されているが、四隅の丸をドラッグして手動での指定も可能。取り込み画像はややノイズが多い印象

写真:画像6:ウェブサービスとの連携が多彩なのもCamScannerの特徴。すべての画像がひとつのPDFファイルとして保存される拡大画像6:ウェブサービスとの連携が多彩なのもCamScannerの特徴。すべての画像がひとつのPDFファイルとして保存される

写真:画像7:名刺の写真から「連絡先」を登録できるソースネクストの「超名刺 Business Card Manager」(350円)。写真を見ながら電話番号やアドレスを入力できる。こちらにもエバーノート連携機能がある拡大画像7:名刺の写真から「連絡先」を登録できるソースネクストの「超名刺 Business Card Manager」(350円)。写真を見ながら電話番号やアドレスを入力できる。こちらにもエバーノート連携機能がある

「台形補正」が得意なアプリでショットノートいらず!?

 ショットノートでは、四隅のマークで斜めに撮影した用紙のゆがみを補正しています。このような処理を「台形補正」「ゆがみ補正」などと呼びます。単に写真を回転するだけではゆがみが取れません。ちなみに「台形」は、四角形の向かい合う二辺の一方が平行な図形ですが、現在の処理では平行な辺がなくても大丈夫な場合がほとんどです。

 この台形補正、ショットノートでなければ補正できないというわけではありません。実は、App Storeには、この補正機能を売りにするiPhoneアプリがいろいろ登録されています。専用のメモが必要なショットノートAppと違い、雑誌のページやレシート、さらに会議室のホワイトボードなどの取り込みにも使えるのが利点です。

 そんなアプリの中で、独自の画像管理機能だけでなく、エバーノートとの連携機能も備えているのが、IntSig Information社の「CamScanner Free(カム・スキャナー・フリー)」(画像5、無料)。撮影した写真から「紙のような部分」を自動的に抽出して台形補正ができます。認識率はなかなか良好です。「白いテーブルの上の白い紙」のように、アプリがうまく認識できない写真は、四隅を自分で指定して補正することも可能です。

 CamScanner上で撮影する以外に、過去に撮影した写真をiPhoneの「写真アルバム」から取り込んで補正できるのも便利。iPhone標準のカメラ機能などでどんどん撮影し、後から補正しながら登録するような使い方ができます。

 登録した画像をエバーノートに登録できるのに加え、グーグルの文書作成・管理サービス「GoogleDocs(グーグル・ドキュメント)」やドロップボックス社のオンラインストレージサービス「Dropbox(ドロップボックス)」など、複数のインターネットのデータ保存サービスに対応しているのもなかなか優秀です(画像6)。

 ショットノートAppと比較すると、画質補正に少々癖がありますが、取り込むのが「決まったメモ用紙」だけでは物足りない人にはおすすめです。無料版は、画面に広告が入り、一週間の取り込み枚数に制限(第一週は10枚、翌週以降は毎週3枚)ですが、取り込み枚数に制限のない有料版「CamScanner+」(600円)があります。まずは無料版を試しましょう。

 名刺を取り込みたい場合は、同社製の「CamCard」や、ソースネクストの「超名刺 Business Card Manager」(画像7、350円)が便利かも知れません。前者は文字を自動認識する機能、後者は名刺を見ながら電話発信やメール送信をできるのが特徴です。どちらも無料版があるので、それを試して気に入ったら有料版に乗り換えるのがよいでしょう。

   ◇

ショットノート製品ページ(キングジム)

CamScanner+、CamScanner Free製品ページ(IntSig Information、英語)

超名刺 Business Card Manager、超名刺 Business Card Manager Lite製品ページ(ソースネクスト)

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)、「iPad vs.キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介