現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

ネットでの個人情報の登録やカード決済に影を落とす、ソニーの情報漏えい(4/4ページ)

2011年5月12日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

表:表:今回の事件で漏えいしたとされる個人情報。カード情報は、標準の情報とは別に、暗号化して保存されており、悪用される可能性が低いと考えられる(図版制作:澤田朋宏)拡大表:今回の事件で漏えいしたとされる個人情報。カード情報は、標準の情報とは別に、暗号化して保存されており、悪用される可能性が低いと考えられる(図版制作:澤田朋宏)

写真:画像1:4月27日、プレイステーション・ネットワークのウェブサイトに掲載された告知。同様の内容がキュリオシティのウェブサイトにも掲載されている拡大画像1:4月27日、プレイステーション・ネットワークのウェブサイトに掲載された告知。同様の内容がキュリオシティのウェブサイトにも掲載されている

写真:画像2:5月1日に掲載された今後の対応について。各サービスを段階的に再開し、5月中に完了させる予定であることを明らかにしている拡大画像2:5月1日に掲載された今後の対応について。各サービスを段階的に再開し、5月中に完了させる予定であることを明らかにしている

写真:画像3:今回の侵入手口。まず、ウェブサーバーを通り抜けた通信によって、アプリケーションサーバーで不正な処理が実行された。犯人は秘密裏に外部と通信できる状態を作り、そこを経由してデータベースサーバーとの通信も確立。個人情報などを読み取ったと見られる。通信内容をチェックするはずのファイアウォールも、今回の通信を見破れなかった(図版制作:澤田朋宏)拡大画像3:今回の侵入手口。まず、ウェブサーバーを通り抜けた通信によって、アプリケーションサーバーで不正な処理が実行された。犯人は秘密裏に外部と通信できる状態を作り、そこを経由してデータベースサーバーとの通信も確立。個人情報などを読み取ったと見られる。通信内容をチェックするはずのファイアウォールも、今回の通信を見破れなかった(図版制作:澤田朋宏)

情報登録やカード決済を見直す機会

 ネットサービスを利用する私たちにとって、今回の事件はかなり大きな衝撃です。「ソニーともあろうものが」と思う人が多いでしょうが、別の見方をすれば「ソニーでもダメだった」わけです。iTunesストアを運営するアップルは大丈夫でしょうか。アマゾンは、楽天は、ヤフーは・・・。不安は尽きません。もちろん、こうした心配はネットサービスに限りません。

 残念ですが、今や「登録した情報は漏れるかも知れない」という前提で暮らす方が現実的な時代になってしまったということです。次の3つの点を意識してみてください。

 まず、ネットサービスに登録する場合、少なくともユーザーIDやパスワードはサービスごとに変えましょう。一箇所の情報が漏れても、別のサービスに対するなりすましは防げます。パスワードを忘れた場合に「質問」に答えると再設定できるサービスがありますが、質問と答えが複数のサービスで同じだとセキュリティー上はリスクが高まることも覚えておきましょう。

 次に、何らかのサービスを利用するのに情報の登録が必要な場合は、本当にそのサービスが自分に必要か考えましょう。登録しなくて済む情報は空欄にしておく選択もアリです。

 最後に、クレジットカードの使い方について。現在、インターネットサービスの多くは、簡単に買い物やサービスの使用ができるように、事前にカード情報を登録しておき、決済時は確認するだけの方法をとっています。実際に使うととても便利で楽ですが、今回のように情報が漏えいしてしまった場合、第三者に勝手に決済されてしまう危険性もあります。すべてそうしろとは言いませんが、カード決済は使わず、プリペイドカードや着払い、コンビニ決済などを利用するなど、「一手間掛けて安全性を上げる」ことも検討してみてください。

 一方で、サービス提供側の企業は、必要なければ個人を特定できるような情報は収集しない、カード決済はカード会社のサービスを利用するなど、ユーザーの情報を「できるだけ集めず適切に運営する」という選択も視野に入れるべきだと考えます。携帯電話で普及している「おサイフケータイ」やSuica(スイカ)やEdy、nanacoなどで利用されている、「電子マネー」の利用拡大も期待したいところです。電子マネーでは個人情報を含まない「金額データ」だけが交換されるため、決済のために個人情報が漏えいする危険性を下げられるはずです。

   ◇

・プレイステーション・ネットワーク(PSN)に関する問い合わせ ソニー・コンピュータエンタテインメント PlayStation Network特設窓口(0120―723―952、営業時間10時〜19時)

・キュリオシティに関する問い合わせ Qriocity特設窓口(0120―765―203、9時〜18時<平日、土日祝は17時まで>)

「PlayStation Network障害に関する最新情報」

キュリオシティ「障害・メンテナンス情報」

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)、「iPad vs.キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介