現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

ネギ食べて、チンパンジー風邪しらず 豊橋の動物園

2009年3月6日7時36分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ネギをほおばるチンパンジー=豊橋市の豊橋総合動植物公園、遠藤啓生撮影

 愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園は、飼育している9頭のチンパンジーに風邪予防として長ネギを与えている。

 同園によると、長ネギには血行を良くし、殺菌や食欲を進める成分が含まれているという。風邪を少しでも予防できたらと、3年前から冬場に週に1回与えている。チンパンジーも長ネギがお気に入りのようで、飼育員が投げ込むと争うように奪い合う。

 チンパンジーは風邪をひくと、せき込んだり鼻水が出たり人間と同じような症状が出るが、長ネギを与えてからはそうした症状が少なくなったように見える、と飼育担当の榎島伸浩さんは話す。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内