現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

「泳げないカバ」15歳のバースデー 長崎

2009年3月7日3時2分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ケーキを食べるカバのモモ

 日本で初めて人工保育された長崎バイオパーク(長崎県西海市)のカバ「モモ」が6日、15歳になり、誕生ケーキを贈られた。4月にも3頭目の子を出産予定。

 カバは水中で子を産むが、15年前のこの日は寒く、モモの母は陸上で出産。モモは飼育員に育てられたため、「泳げないカバ」と話題になり、特訓で泳ぎを覚えた。

 子育てが心配されたが、過去2度とも水中で出産、授乳し、人の手を借りずに育てた。人間なら30歳の堂々たる母親ぶりに、飼育員らは「案ずるより産むがやすし」。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内