現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 世界の動き
  4. 記事

米ES細胞研究、制限を解除へ オバマ大統領が9日署名

2009年3月7日10時57分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ワシントン=勝田敏彦】オバマ米大統領は9日、ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究に対する連邦政府予算の支出にかかっている制限を解除する大統領令に署名する。米主要メディアが6日、一斉に伝えた。ブッシュ前政権の政策からの大きな転換で、米国のES細胞研究に弾みがつくことになりそうだ。

 難病治療などへの応用が期待されるES細胞は、不妊治療などで余った受精卵を壊してつくられる。ブッシュ前大統領は、受精卵を生命の萌芽(ほうが)と見なすキリスト教右派に配慮し、01年8月以降につくられた新しいES細胞を使う研究への連邦予算の支出を禁止し、研究が遅れる要因になっていた。新しい大統領令は、新しい細胞への支出を認める見通し。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内