現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

トキ、さらに1羽が本州に ペア期待の雌、雄と別れ

2009年3月10日20時32分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真村上市内で確認された1歳雌のトキ=環境省提供、宮越一俊さん撮影

 昨秋に新潟県佐渡島で放されたトキ10羽のうち、雌の1羽が10日、約120キロ離れた同県村上市内で確認された。海を渡ったトキはこれで3羽目。この雌は佐渡島中央部で雄と行動を共にし、自然界で初のペア形成と今春の繁殖が期待されていたが、8日からいつものえさ場に姿を見せなくなっていた。

 放鳥後、確認されているトキは佐渡島内に雄4羽と雌1羽、本州に雌3羽の計8羽。

 島内の雄雌は離れた場所にいるため今春の繁殖は困難な見通し。環境省は「本州への移動は想定外で観察態勢が追いつかない」とし、業者委託など新たな態勢を検討する。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内