現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

傷んだマリモ、湖岸に点々 猛暑で環境悪化か 北海道

2011年7月12日12時1分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大阿寒湖岸に打ち上げられた国の特別天然記念物マリモ=釧路市教委マリモ研究室提供

 北海道釧路市の阿寒湖で、国の特別天然記念物マリモが大量に岸に打ち上げられたり、湖底で割れたりしている。傷んだマリモは昨年初めて見つかったが、今年はその数がはるかに多い。昨夏の猛暑で水温が上がって内部が腐敗し、ガスがたまったとみられる。生育環境がかなり悪化している可能性もあり、同市教委マリモ研究室は監視態勢を強化する。

 マリモは本来、湖の底に沈んだり、水中を漂ったりしている。ところが、昨年夏、内部が腐敗して浮き、岸に流れ着いたマリモ十数個が初めて確認された。

 同研究室の若菜勇学芸員らが湖北部を今夏調査したところ、多数のマリモが岸に打ち上げられているのが見つかり、60個以上を採取して調べている。湖底にも割れたマリモがたくさんあるのを確認した。

 打ち上げられたマリモは直径15センチほどのものが多い。通常は中心部の空洞から外側まで藻の厚さが4、5センチあるのに、見つかったマリモは空洞が広く、厚さが2、3センチしかなかった。(横山蔵利)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介