特別講演「対等な対話と社会変革」|2019講演記録|朝日地球会議2019|朝日新聞

特別講演
「対等な対話と社会変革」
ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ 理事 ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン 代表 志村 真介

志村 真介さん

視覚障害者の人に案内してもらいながら、暗闇の空間で様々な体験をする「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」。障害を能力に変え、楽しみとして提供する対話型のアートです。

始めたきっかけは、ウィーンでの取り組みを紹介する新聞記事を読み、感動して、発案者に手紙を書いたことでした。

ただ、新しいことを始める時の壁も経験しました。よく「前例がない」と言いますが、前例はつくるものです。陸上の走り高跳びで初めて背面跳びをした選手も「変な飛び方だ」と言われましたが、今では当たり前になりました。できないところではなく、できることに注目するからこそイノベーションは生まれます。

来年、暗闇の空間や音のない空間、高齢者の方々と命の大切さなどについて対話する空間のあるミュージアムを都内にオープンする予定です。

正解をたどるだけでは、正解は生まれません。物差しを柔軟に変えることが、チェンジメーカーには必要だと思います。

PAGE TOPへ戻る