講演
「日本人はどこから来たのか?『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』」講師 国立科学博物館 人類研究部人類史研究グループ長 「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」代表 海部 陽介

海部 陽介 さん

海部 陽介 さん

3万年前、私たちの祖先はどうやって海を渡り、日本へ来たのか――。その謎に、実際に古代の舟で航海して迫ろうとする実験プロジェクトの代表を務める国立科学博物館の海部陽介さんが、思いを語った。

「過去を見つめることは、今どうすべきかという問いへのヒントになる」と海部さんは切り出した。

プロジェクトの舞台は、約3万8千年前から始まる後期旧石器時代。日本にはこの時代の遺跡が1万以上ある。突然、人口が増えたとみられることから、海を越えていろんな方向から列島に人が入ったとされる時期だ。

中でも琉球列島への旅は、当時は大陸の一部だった台湾から与那国島まで約100キロの間に、黒潮という強大な海流が行く手を阻んでいる。しかも、「祖先たちは地図も持たず、海の先に何があるかも知らなかった」。私たちの祖先が、そんなところを越えてきたとは、にわかには信じがたい。

しかし、琉球列島には当時の遺跡が残っている。2万3千年前の世界最古の釣り針も見つかった。「先進的な発明が行われ、人の営みがあったことが分かる。人類が海を越える技術を身につけ、渡ってきたことは明らかだ」

では、一体どうやって海を越えてきたのか。それを知るため、海部さんたちが選んだのは「昔と同じ舟をつくって航海する」というチャレンジだった。

クラウドファンディングで約2600万円を集め、2016年夏、干した草でつくった舟で与那国島から西表島をめざした。しかし、海流に流されて失敗した。「いつもより流れが速いのが陸からでは分からず、本当に難しい」と痛感させられた。

それでも「知りたい」との思いは変わらず、19年に台湾から与那国島をめざすことを計画している。当時の黒潮の流れをさらに研究しつつ、新たなクラウドファンディングも計画中だ。

海部さんは「祖先たちの謎に迫ることで、彼らの本当の姿が見えてくる。それを通じて、人間っていったい何なのかを探りたい」と締めくくった。

PAGE TOPへ戻る