現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. エコカーライフ
  4. 記事

エコカーライフ

電気自動車が筑波を疾走 日本EVフェスティバル

2008年11月5日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

東京都世田谷区の中学生が製作した電気フォーミュラーカーカー東京都世田谷区の中学生が製作した電気フォーミュラーカー

 電気自動車やハイブリッド車など、低公害車を集めたイベント「日本EVフェスティバル2008」(日本EVクラブ主催)が3日、茨城県下妻市の筑波サーキットで行われた。

 同イベントは今年で14回目。手作りの電気レーシングカートによるジムカーナ大会や、360度ターンなど走りの美しさを披露する「美走選手権」、サーキットを1時間で何周できるかを競うレースなど、電気自動車の愛好家たちが走りを楽しんだ。プロドライバーによるデモ走行では、2人乗りの電気フォーミュラーカーがサーキット1周2キロメートルを1分11秒台で走りきり、観客を驚かせた。

 また、会場では、省エネ運転のアドバイスを受けられる「エコドライブ体験試乗」や、自宅から会場に来るまでに排出したCO2量診断など、地球温暖化防止を訴える様々な展示やデモンストレーションが行われ、親子連れなどが熱心に話を聞いていた。

 自動車メーカーは低公害車の試乗会を実施。日産の電気自動車「EV―1」や水素ロータリーエンジンを積むマツダの「RX―8HYDROGEN RE」など、開発中の次世代低公害車も登場し、注目を集めた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内