現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. エコカーライフ
  4. 記事

エコカーライフ

新型プリウス発売 最低価格は205万円

2009年5月18日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真新型「プリウス」=18日、遠藤真梨撮影

 トヨタ自動車は18日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」を全面改良して発売した。安全装備も充実させながら、最低価格は旧型より約30万円低い205万円に抑えた。発売前から8万台という異例の規模の受注を抱え、ホンダのHV「インサイト」に続くヒットが確実だ。

 3代目となる新型は、排気量を1.5リットルから1.8リットルに拡大し、燃費は1リットルで38キロと7%向上した。国内では、レクサスを除くトヨタの全4系列の販売店で、月1万台を目標に販売する。

 北米や欧州を中心に80カ国以上でも販売を予定している。今年は全世界で30万〜40万台、プリウス以外の車種を含めるとHV全体では、50万〜60万台の販売を目標としている。

 豊田章男副社長は「原価低減を進め、本当にお客様が買いたいと思える価格帯に近づいた」と話した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内