現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. エコカーライフ
  4. 記事

エコカーライフ

エコカー中心のショーに異変 米、電気自動車展示減る

2012年11月29日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大ゼネラル・モーターズが公開した電気自動車「シボレー・スパークEV」=畑中徹撮影

写真拡大新しい電気自動車「シボレー・スパークEV」を紹介するゼネラル・モーターズ幹部ら=畑中徹撮影

写真拡大伊大手フィアットが公開した電気自動車「500e」=畑中徹撮影

 【ロサンゼルス=畑中徹】ロサンゼルス自動車ショーが28日開幕した。エコカー中心のショーとして知られるが、今年は電気自動車(EV)ブームの陰りを反映し、エコカーの展示が減っている。

 会場があるカリフォルニア州は、各メーカーに環境対応車の販売を増やすよう求めるなど規制が厳しいため、例年はエコカーの発表が多い。だが、今年は新しいEVを大々的にアピールしたのは米ゼネラル・モーターズ(GM)など数社だけだった。

 象徴的だったのがトヨタ自動車で、発表の目玉はスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」の新モデルだった。米有力ベンチャー企業と共同開発したEVを華々しく発表した2年前との落差は激しい。ほかの大手メーカーも、EVを展示してはいるが、発売済みの車種ばかりだ。

 エコカーの柱と期待されるEVだが、世界2位の自動車市場・米国でも販売は伸びていない。EV販売で先行してきた日産自動車の「リーフ」の1〜8月の販売台数は、前年同期比32%減の約4200台にとどまった。まだ価格が高く、走れる距離が短いことなどが理由とみられる。

 会場にいた米自動車業界の専門家は「EVの先行きに、各メーカーは確信を持てないでいるようだ。売れないEVより『売れる車』を優先する販売戦略が増えそうだ」と指摘した。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介