現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. エコカーライフ
  4. 記事

エコカーライフ

小型EVトラックの実証実験開始 トヨタとヤマト運輸

2013年3月2日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大ヤマト運輸が3月下旬から東京都内で走らせる小型トラックの電気自動車=1日午後、東京都江東区

 トヨタ自動車グループとヤマト運輸は1日、小型トラックの電気自動車(EV)の実証実験を始めると発表した。トヨタグループの日野自動車が開発した小型トラックEVを、ヤマトが走らせる。実証実験のデータをもとに日野は、数年後の商品化を目指す。

 普通の小型トラックには荷台の下に付いている変速機などの大型部品が、EVでは要らない。そのため、荷台の床をかなり低くでき、荷物の出し入れがしやすくなるのが特徴だ。

 ヤマトは、冷凍室や冷蔵室の付いた小型トラックEVを3月中旬から1年間、東京都内で2台走らせる。ただ、床下に付いたリチウムイオン電池で走れる航続距離(フル充電で走れる距離)は20〜30キロ。ヤマトは、家庭や事業所から荷物を集めたり届けたりする集配業務に使う。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介