現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(市民・行政)
  4. 記事
2012年6月10日9時32分
このエントリーをはてなブックマークに追加

戸別方式、有料化まだ…異色、大阪市のごみ収集

写真:狭い路地は軽トラック型の収集車でごみを収集する大阪市職員=25日、同市東淀川区、高橋正徳撮影拡大狭い路地は軽トラック型の収集車でごみを収集する大阪市職員=25日、同市東淀川区、高橋正徳撮影

 大阪市はいま、ごみ収集や処理に関わる現業職員の給与カットや非公務員化を掲げ、大幅なリストラを進めようとしている。しかし収集方法や分別などサービス面の見直しは遅れており、100万都市で全面的に戸別収集を続け、収集の有料化もしていないのは大阪だけだ。ごみ行政の「ガラパゴス」の行方を探った。

■特注車で路地に

 平日の午前10時、大阪市東淀川区。細い路地が延びる住宅地の一角で、市環境局による家庭ごみの収集作業が始まった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット