メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

球児は83歳女子高生 チエさん、ピンチで伝令

写真:6回裏1死満塁のピンチを迎え、伝令としてマウンドに向かう上中別府チエさん=相模原球場拡大6回裏1死満塁のピンチを迎え、伝令としてマウンドに向かう上中別府チエさん=相模原球場

写真:試合後、準優勝のメダルをかけてもらった=相模原球場拡大試合後、準優勝のメダルをかけてもらった=相模原球場

写真:準優勝のメダルをかけた上中別府チエさん=相模原球場拡大準優勝のメダルをかけた上中別府チエさん=相模原球場

写真:試合前にチームメートと円陣を組む上中別府チエさん(左から2人目)=相模原球場拡大試合前にチームメートと円陣を組む上中別府チエさん(左から2人目)=相模原球場

写真:決勝戦で敗れ、泣き崩れるバッテリーを励ます上中別府チエさん=相模原球場拡大決勝戦で敗れ、泣き崩れるバッテリーを励ます上中別府チエさん=相模原球場

 【竹野内崇宏】神奈川県川崎市の定時制高校に通う83歳の女子高校生、上中別府(かみなかべっぷ)チエさんが23日、相模原市のサーティーフォー相模原球場であった全国高校定時制通信制軟式野球選手権大会県予選(朝日新聞社など後援)の決勝戦に、背番号12の選手としてベンチ入りした。ピンチでは伝令に走るなど、孫のようなチームメートと一緒に試合を戦い、準優勝に輝いた。

 上中別府さんは川崎市立高津高校定時制の4年生。担任で監督の中島克己教諭(45)から昨秋、「子どもたちにいい影響を与えてほしい」と野球部に誘われた。亡き夫や息子も野球好きだったことから入部し、キャッチボールやノックを受けるうちに楽しくなった。手作りのお菓子を差し入れたりして「チエさん」と慕われる。2月のバレンタインデーでは「お返しに」とグラブを贈られた。

 決勝戦の相手は過去2年連続決勝で敗れた強豪の戸塚高校。投手戦が続いたが、6回裏に1死満塁のピンチを迎えた。「選手たちを楽にしてほしい」。中島監督に伝令を頼まれたチエさんが、83歳とは思えない元気な足取りでベンチからマウンドに駆け出すと、観客から大きな拍手がわき上がった。「落ち着いていこう」。エースの小鹿優一さん(18)のお尻をぽんぽんとたたいて励ました。チエさんの手作りソーセージパンが大好物だという小鹿さんは「あれでだいぶ楽になった」と力投した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】ワイルドな「タウンエース」

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&Travel】志田彩良の ほっこり銭湯愛

    #あたたまる 東京下町の宝箱

  • 写真

    【&Travel】絶景の額縁はひなびた駅舎

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】大人おひとり流で楽しむ

    TDRクリスマスと夜のショー

  • 写真

    【&w】良心をくれた祖父母へ

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日「釣り新聞」直営の本屋は

    海と魚に興味が湧く選書が魅力

  • 写真

    論座重複障害の見えにくい困難

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスでリュックはあり?

    その疑問に答えます。

  • 写真

    Aging Gracefully更年期の旅を歩んで

    AGサポーターコラム

  • 写真

    GLOBE+弾道ミサイル試射を共に視察

    権力者にあるまじき失態

  • 写真

    sippo家に慣れていく元野良猫

    見えてきた寂しん坊の顔

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報