現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 子育て
  5. ゆき姐の子育て応援エッセー
  6. 記事

犬と少年(7)―かいとの絆

2008年7月31日

  • 筆者 兵藤ゆき

 結果発表(前回参照)は、「訓練チャンピオン決定競技会 4部G1、アマチュアの部」にエントリーした犬が、全頭出場し終えたお昼過ぎに行われた。

 お兄ちゃんとかい、そしてお父さん、お母さん、弟君はドキドキしながらその時を待った。

 採点は、競技内容のクリアーの状態や、犬と競技者との関係など、様々な角度から行われ、満点は100点とのこと。

 そしてなんと、お兄ちゃんとかいの成績は、96点!

 初出場ながら、堂々の3位入賞を果たしたのだった。

 「点数が思っていたよりすごく良かったのでびっくりしました。だから、次はもっと頑張ろうと思いました」

 お兄ちゃんはうれしそうに話してくれた。

 「出場者は大人ばかりだったのによくやったと思いましたよ。競技中のビデオを撮っているときは、こっちも緊張して手が震えていましたが、表彰式のときは、さすがに震えも止まって、ビデオもきれいに撮れました」

 お父さんはニコニコ顔で言っていた。

 結果発表のあと、審査員や訓練所の所長さんから、お兄ちゃんとかいの競技について、お兄ちゃんはいろいろアドバイスをもらった。

 「なるほど、と思ったことはたくさんあったんですが、まず、僕がかいを誘導しすぎていて、かいはただ僕の言うなりに動いていたように見えたんだそうです。確かにそれはあるなあ、というか、とりあえず、間違えないように、って必死でしたから」

 お兄ちゃんはそう振り返る。

 「かいが、僕の言いつけを聞いてやっているというより、僕と一緒に楽しく遊んでいるんだけれど、実は、僕がちゃんとコントロールしているという感じが本当はいいんですね。そうすると、かいも集中して僕と動きが一体化し、元気に楽しく競技ができるというわけなんですが、これがなかなか難しい。でもね、訓練所の所長さんはそれができちゃうんです。僕と同じことをやっても、かいの雰囲気がぜんぜん違うんです。かいがものすごく楽しそうに、元気に生き生きとしてやるんです、あのおじさんはただものではない!」

 「そうそう、確かにあのおじさんはただものではない!」

 そばでお兄ちゃんの話を聞いていた弟君も、所長さんの実力を認めていた。

 さて、初めての競技会を終え、様々なことを学んだお兄ちゃんは、かいとの関係で一番大事なことをあらためて思った。

 それは、かいとの絆。

 かいはお兄ちゃんのことをそれまでも大好きだったが、もっと大好きになってもらい、信頼してもらうために、お兄ちゃんは今まで以上にかいを可愛がった。

 かいをたくさん抱きしめ、撫ぜ、かいがお兄ちゃんの顔をなめたければ、かいの気がすむまでなめさせてあげた。

 夜寝るときももちろん、家にいるときはいつもかいと一緒にいた。

 散歩に行ってもたくさん遊び、訓練のときも、かいの気持ちを盛り上げ、楽しくできるようにした。

 そのかいあって、2カ月後に行われた2回目の競技会では、順位こそ3位だったが、点数は96.5点に上がった。

 そしてその3カ月後、今度こそはと意気揚々と参加した3回目の競技会で、お兄ちゃんは新たな試練に遭遇することになったのである。

(次回に続く)

    ◇

〈編集部から〉兵藤ゆきさんが公式ブログ「子育ての話を聞かせてください―I‘m proud of you―」を開始しました。読者の方からのお便りも書き込めますので、どうぞご参加ください。もちろん、このエッセーに関するお便りもどうぞ。

兵藤ゆき プロフィール

兵藤ゆき

兵藤ゆき(ひょうどう・ゆき)

名古屋市出身。血液型O型。東京・名古屋・大阪で深夜ラジオのパーソナリティーを皮切りに個性的なキャラクターでテレビ番組に登場し、その後エッセー、脚本、作詞、歌手、小説等ジャンルを超えて幅広く活躍。1996年に長男誕生後、ニューヨークにで11年余り生活。2007年に日本に帰国。

主な著書に、「子どもがのびのび育つ理由」(2008年4月 マガジンハウス)(対談集)「頑張りのつぼ」(05年7月 角川書店)…ニューヨークで活躍する日本人8人の方との書き下ろし対談集(宮本亜門・千住博・宮本やこ・野村尚宏・平久保仲人・河崎克彦・高橋克明・小池良介)、(翻訳本)「こどもを守る101の方法」(06年7月 ビジネス社)などがある。公式ブログは、「子育ての話を聞かせてください―I‘m proud of you―」

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校