現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 子育て
  5. ゆき姐の子育て応援エッセー
  6. 記事

ニューヨークからの御一行様(8)―湯たんぽと車内放送

2009年2月26日

  • 筆者 兵藤ゆき

 大晦日の浅草寺界隈も、とても混み合っていた。(前回参照)

 和柄の髪飾りや風呂敷などが並べられたみやげ物屋や和服屋など、日本情緒満載の店が並ぶ中に、おそば屋さんもたくさんあったのだが、なにせこのにぎわい。どのおそば屋さんも、年越しそばを食べようという人たちで店内は満杯だった。

 幸い、10分ほど並んだだけで私たちは年越しそばを食べることができたが、店から出ると、うんと長い列ができていたのには驚いた。

 ジーンたちも、

「すごいわねえ、年越しそばってこんなに人気があるのねえ」

 と行列を見て目を丸くしていた。

 さて、その後みんなで浅草寺にお参りに行って家に帰り、NHKの紅白歌合戦を観て、ゆく年くる年の除夜の鐘を聞き、眠りについた。

 次の日は新年初日、そう、元旦である。

 ところが、朝10時になってもなかなかみんな起きてこない。

 どうやら、時差ボケも取れないうちに、連日いろいろなところを連れ回したのがいけなかったようだ。それも、どこもかしこも混み合っていたので、疲れるのも無理はない。

 今日は一日、のんびり家で休むことにしようか、と思っていると、

 「おはよう、さあ、今日はどこに行きましょうか」

 とジーンが元気いっぱいに起きてきた。

 えっ、疲れてないの?

 「大丈夫、ゆっくり眠れたから心配ないですよ。それにジョージも湯たんぽのおかげでほんとによく眠れるし、疲れもとれるって言ってるわ」

 「そう、湯たんぽはほんとにいいね」

 ジョージもニコニコしながら起きてきた。

 そうなのだ、ジョージは2日目の夜から湯たんぽを布団に入れて寝ているのだ。

 みんなでスーパーマーケットに行ったときに、ジーンが店で売られていた湯たんぽを見て、水を入れるものなのに、なぜ表面が波型になっているの? と私に聞いてきた。水を入れるのではなくて、熱い湯を入れて蓋をし、布団の中に入れて暖をとるものなのだと説明すると、初めて見たけどいいアイデアねえ、と感心していたのだった。

 うちにもあるから使ってみる? と、ジョージ、ジーン、アレックス3人に、湯たんぽを夜寝るときに渡したら、ジーンとアレックスは暖かすぎてだめだったが、ジョージはとても気に入って、ずっと使っているというわけだ。

 さて、そんなこんなで、結局元旦も、私たちは出かけることにした。

 行先は、横浜チャイナタウン(中華街)。

 ニューヨーク(NY)にも大きなチャイナタウンがある。

 私たちがよく行ったのは、マンハッタンの南に位置するキャナルストリートを中心としたところと、クイーンズにあるチャイナタウン。

 NYのチャイナタウンと日本のチャイナタウン、同じなのか違っているのか、ジーンたちはそれを見てみたいのだそうだ。

 私たちは午後、早速横浜チャイナタウンに向けて出発した。

 渋谷まで出て、そこから東横線に乗りかえる。

 ジョージとアレックスは、電車の車内放送がとても気に入ったようだった。

 NYの地下鉄の中でも車内放送はあるのだが、たとえば日本の場合、と言っても人によって異なるが、私たちがよく乗った東京の中央線の車内放送をする車掌さんは、「次は吉祥寺〜」と言う時に、「次は、きちじょ〜じ、きちじょ〜じ〜」と、ちょっと鼻にかかった声で抑揚をつけて言っていた。それが2人には初めて聞くタイプの車内放送だったらしく、面白くて仕方ないようだったのだ。

 日本に来て、湯たんぽと車内放送に出会えて本当に良かったと、2人はずっと言っていたのだった。

(次回に続く)

兵藤ゆき プロフィール

兵藤ゆき

兵藤ゆき(ひょうどう・ゆき)

名古屋市出身。血液型O型。東京・名古屋・大阪で深夜ラジオのパーソナリティーを皮切りに個性的なキャラクターでテレビ番組に登場し、その後エッセー、脚本、作詞、歌手、小説等ジャンルを超えて幅広く活躍。1996年に長男誕生後、ニューヨークにで11年余り生活。2007年に日本に帰国。

主な著書に、「子どもがのびのび育つ理由」(2008年4月 マガジンハウス)(対談集)「頑張りのつぼ」(05年7月 角川書店)…ニューヨークで活躍する日本人8人の方との書き下ろし対談集(宮本亜門・千住博・宮本やこ・野村尚宏・平久保仲人・河崎克彦・高橋克明・小池良介)、(翻訳本)「こどもを守る101の方法」(06年7月 ビジネス社)などがある。公式ブログは、「子育ての話を聞かせてください―I‘m proud of you―」

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校