2005年09月23日18時10分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > この記事を手がかりに記事

NIE「この記事を手がかりに」

記事と写真記事と写真学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

魚肉ソーセージ「イチゴ味」など新商品 水産大手が新規客狙う

2005年09月23日

写真

  

 水産大手のマルハと日本水産が、新たな顧客層を狙った魚肉ソーセージの新商品を売り出した。牛海綿状脳症(BSE)や鳥インフルエンザの発生で、食肉の安全性への不信感が高まっていることを追い風に回復しつつある魚肉ソーセージの売れ行きをさらに拡大したいとしている。

 魚肉ソーセージのトップメーカー、マルハが9月に売り出した「リサーラ」は、血中の中性脂肪を低下させる効果があるDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含むのが特徴。具体的な健康効果を表示できる「特定保健用食品」として、厚生労働省の許可を得た。

 魚肉ソーセージの主な購入者は家庭の主婦。おかずの安価な素材として人気を集めている。「リサーラ」は、マルハの従来の商品に比べると2倍近い高価格だが、同社は「生活習慣病を気にする中高年層に大きな売れ行きが期待できる」と見ている。

 日水が9月に売り出した「いちごミルク」=写真=は、幼稚園から小学校の低学年向け。子供が好きなイチゴの味をつけ、加工せずにそのまま食べやすいようにした。さらに、「牛乳も多く使い、育ち盛りの子供に必要なカルシウムを多く入れている」と同社広報室。健康への配慮も強調し、子供のおやつとして売り込む考えだ。

(朝日新聞東京本社発行 9月16日付朝刊)


記事と写真記事と写真学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

ここから広告です 広告終わり

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.