ここから本文エリア 現在位置asahi.comトップ > 教育 > NIE > ののちゃんの自由研究 > 記事
〈ののちゃんの自由研究〉
朝日NIEスクール

出生率1.25。なぜ大さわぎ?


ののちゃんと藤原先生

 ののちゃん この前、新聞やテレビで「出生率(しゅっしょうりつ)が過去最低(かこさいてい)の1.25」って大さわぎしてたけれど、「出生率」って何?

 藤原先生 1人の女の人が一生に産む平均の子どもの数をみる時、目安(めやす)になる数字なの。

 ののちゃん その出生率が低くなるとどうなるの?

 藤原先生 子どもの数が減っていく「少子化」ね。日本では少子化がどんどん進んでいるの。このままだと、将来は若い人たちが少なくなるから、おじいちゃん、おばあちゃんが受け取る年金の額が減ったり、働く人が少なくなって会社が困ったりすることになるかもしれないわ。

 ののちゃん 大変! 何とかしなきゃ。

 藤原先生 そうね。だから国もいろいろと対策(たいさく)を考えているんだけど、なかなか出生率は上がらないの。

調べてみよう
  • 出生率が下がると少子化がどうして進むのか、話し合ってみよう
  • 自分の住む町の出生率の移り変わりは?
  • 自分の町の「少子化対策」はどんな内容かな

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.