2006年02月27日12時02分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » トリノ五輪特集: 熱戦の様子を最後まで

  

 » ベルばらKidsブログ開始: 宝塚公演にご招待

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問 記事 学習のポイント学習のポイントワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

なぜ月の裏側はみえないの?

横浜市・鈴木康司(まさなお)さん(43歳)からの質問

1.月の裏側探検

 私たちが普段見ている月、いつも同じ面を見ているということは知っていました。しかし、「なぜ月の裏側が見えないの」という鈴木さんの質問は、考えたことがありませんでした。とてもいいですね。

 「ののちゃんのDO科学」の本文や「ののちゃんの調べてみよう」に出てくる言葉から

調べてみましょう。

2.ワークシートのポイント

(1)疑問を解くキーワード

 藤原先生が、なぜ地球の裏側が見えないか、いろいろと説明してくれています。今回の話は少し難しいので、いくつかのキーワードを丁寧に調べてみましょう。

 「衛星」「公転運動」「自転運動」「周期」「自転軸」「引力」「潮汐力」などがキーワードになります。

(2)月の探検

 「調べてみよう」には「人類は月をどんなふうに探検してきたのかな。旧ソ連の『ルナ』や米国のアポロ計画、日本の月探査計画などを調べてみよう」とあります。ホームページでそれぞれの月の探検を調べてみましょう。

(3)太陽系の探検

 藤原先生の最後の言葉に「惑星と衛星のように距離が近いと、大きな潮汐力を受けて、そうなることが多いわ。火星の衛星フォボスやダイモスをはじめ、月のような衛星は、太陽系にはたくさんあるわ」とあります。

 太陽系とはどのようなものなのか、本やホームページなど調べてみましょう。

(4)太陽歴と太陰暦

 現在使っている暦は太陽暦です。「調べてみよう」に「月の満ち欠けをもとにした太陰暦は、どんな暦かな」とあります。太陽暦と太陰暦とはどのような暦なのか、本やホームページなどで調べてみましょう。

(聖心女子学院初等科・岸尾 祐二)

質問 記事 学習のポイント学習のポイントワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

ここから広告です 広告終わり

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.