現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中高
  5. 小中高ニュース
  6. 記事
2011年11月2日14時27分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

逆境乗り越えるには ノーベル賞根岸さん、湘南高で講演

写真:大勢の在校生に囲まれて校歌を歌う根岸英一さん(中央)=鎌倉市大船6丁目拡大大勢の在校生に囲まれて校歌を歌う根岸英一さん(中央)=鎌倉市大船6丁目

 昨年のノーベル化学賞を受賞した米国パデュー大学特別教授の根岸英一さん(76)が1日、神奈川県鎌倉市で講演した。県立湘南高校(藤沢市)の創立90周年記念式典に在校生やOBら約1500人が参加し、OBの根岸さんが招かれた。

 「21世紀を救い、支える科学……化学」と題する講演で、根岸さんは世界の人口が70億人に達し、食糧難や環境問題が地球規模で心配されている話題から切り出した。そして、車の排ガス処理に使う触媒の技術や、航空機に使う軽くて強い炭素繊維など、有機合成化学が生み出した具体例をあげながら、食糧、医薬、衣料などほぼ全ての分野での課題解決にこの学問が有用だと説いた。

 講演後はOGでNHKアナウンサーの渡邊あゆみさんとのインタビュー対談をした。逆境の乗り越え方について「勉強し、へこたれてもへこたれても、へこたれない」と回答。妻すみれさんとのなれそめなど意表をつく「カップリング」の質問にも相好を崩しながらまじめに答えた。

 ノーベル賞の対象となったのは、異なる有機物を結びつけて新しい素材を作り出す「クロスカップリング」の技術だった。

 最後は同高合唱部、吹奏楽部、応援団などと一緒に校歌を歌った。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校