現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 天才の育て方
  6. 記事

棋士・羽生善治のお母さん ハツさん:1 好きなのは勉強ではなく将棋だった

2008年8月5日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真善治は6月、通算5期目の名人位を獲得。永世名人の有資格者となった

 小柄なハツ(75)は、話せば話すほど大きく見えてくる女性だった。

 東京西部、JR八王子駅近くにある八王子将棋クラブ。善治(37)も小学生時代に通ったビルの3階には、平日の昼間でも、愛好家が将棋を指す「パチ、パチ」という音が響く。

 その音が、ひとつの質問をしたときに消えたような気がした。将棋はいい加減にして、もっと勉強をしなさいとは言わなかったのですか?

 「そんなことは言いませんでした」

 ハツはきっぱりと答えた。少し間を置き、「それほど、不思議なことでしょうか。善治が楽しそうに将棋をしている姿を見るのが、私はとても好きでした」。

 彼女の姿はまた一段と大きくなった。

     *

 将棋界で善治ほど急激に、頂点に上り詰めた人間はいない。友達に誘われて将棋を始めたのが小学1年生。6年で「小学生名人」に。すぐさまプロ棋士を養成する奨励会入り。中学3年生でプロになる。奨励会入りからちょうど3年でのプロ誕生は、谷川浩司九段の3年3カ月の記録を更新した。

 ハツは話を続ける。

 「小学校の高学年のころでしょうか、善治の友達のお母さんに言われたことがあるんです。そんなに頭がいいんだったら、勉強をさせて東大に行かせなさいよって。でもね、善治が好きだったのは、勉強ではなく、将棋だったんですよ」

 ハツも夫・政治(74)も、将棋はルールさえ知らなかった。ましてや、プロの世界があり、将棋を指して生活していけるとは思ってもいなかった。

 「将棋の人で知っていたのは、阪田三吉さんぐらい。お酒を飲んで、奥さんが質屋通いをする。まあ、善治には、あんな風になってくれなければいい、と思ったくらいです」

     *

 「ただただ、子どもを見守っている」ということも、覚悟のいる「教育」だったに違いない。

 ただ、次の質問をしたとき、テンポよく話していたハツの表情が曇った気がした。

 「育て直すとしたら、どこをやり直したいですか。善治さんの育て方で、後悔はないですか」(敬称略・石川雅彦)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校