現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 天才の育て方
  6. 記事

心に残る名言集:上

あせるな・もっと遊べ・悔しさバネに

2011年3月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 2007年春に連載が始まった「天才の育て方」。さまざまな分野で活躍する「天才」たちの親は、どんな子育てをしたのか。そのときどきの心に残る名言を振り返ります。(年齢は掲載時)

    ◇

 華やかなデビューを飾ったものの、5年後に芸能事務所との契約が切れた歌手・天童よしみさん。歌をやめると言う失意の娘に、お母さんの吉田筆子さん(74)は「あんたはこんなとこでは終わらん!」と言い返した。「娘の歌は誰よりもうまい、いつかは世が認めると信じてましたから」(07年5月27日掲載)

    ◇

 あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな。ものまね芸人・コロッケさんの実家の家訓は「あおいくま」。「『あせるな』が一番大事。どんな世界でも生き残るにはあせらず、努力を続けねばなりません」と、母さんの滝川博子さん(71)。「成功し続けられるかは分かりませんが、努力を続けられる人だと信じています」(07年8月26日掲載)

    ◇

 脚本家・俳優の宮藤官九郎さんのお母ちゃん、泰子(たいこ)さん(73)。夫の単身赴任で小5〜中1を2人暮らし。「プロレスで体を痛めたり、家の中でサッカーして障子を全部破ったり。夫はおもしろい人で、怒るどころか『子どもと全力で遊ぶことは良いことだ。もっとやれ』と言っていました」(07年9月9日掲載)

    ◇

 レスリング選手・吉田沙保里さんの6年余り続いた公式戦の連勝が08年1月、119で止まった。お母さんの吉田幸代(ゆきよ)さん(53)は、泣きじゃくる娘に「あなたに負けた選手たちも泣いたはず。この悔しさをバネにするといい」。「おごりがあったのでしょう。これでそれを捨てられる。敗戦が北京五輪本番でなくて幸運でした」(08年2月3日掲載)

    ◇

 育て直すとしたら?の問いに、棋士・羽生善治さんのお母さん、ハツさん(75)は「高校にはやらないでしょうね。好きなことを好きなだけやらしてあげるべきだったかもしれません」。お父さんの政治さん(74)も「私は善治が心底うらやましかった。あれほど好きなことに小学生で巡り合えたのですから。大人になっても好きなことが見つけられない人も多いんですから」。(08年8月10日掲載)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校