現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 吹奏楽
  5. 全日本吹奏楽コンクール
  6. 記事

吹奏楽

吹奏楽コンクール

チームワークと集中力、感動を自分に客席に 関西代表・豊中第十一中

2010年10月25日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:全国大会に向けて練習に励む豊中市立第十一中学の生徒ら=豊中市西緑丘2丁目拡大全国大会に向けて練習に励む豊中市立第十一中学の生徒ら=豊中市西緑丘2丁目

 「吹奏楽の甲子園」とされる東京・普門館で30日に開かれる第58回全日本吹奏楽コンクール(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、関西代表として豊中市立第十一中学(豊中市西緑丘2丁目)が初出場する。府内の中学が全日本コンに出場するのは5年ぶりの快挙。持ち前のチームワークと練習で培った集中力で、全国の舞台に挑む。

 「マーチは表情を忘れんようになー」。16日午後、吹奏楽部顧問の橋本裕行教諭の声が響いた。部員らは真剣にタクトを見つめ、体全体でリズムをとりながら全国大会での課題曲を奏で始めた。

 吹奏楽部の全体練習は土曜日のみ。放課後が短い平日は約1時間の自主練習しかできず、橋本教諭は「日本一練習時間の少ない吹奏楽部」と苦笑い。しかし、部長でホルン担当の3年宮本佳美さん(15)は「土曜日の合奏までに完璧(かんぺき)に仕上げようと思って集中して練習する。それで集中力がついた」と胸を張る。

 「絶えず笑顔で吹け。表情を付けろ」。橋本教諭がいつも言うせりふだ。リラックスできず緊張して吹いても、いい音が出ないからだ。練習中も冗談が飛び交い、部員らの笑顔は絶えない。

 もう一つ、橋本教諭がよく言うのが「音楽でなく芸術をしよう」。芸術は人を感動させないといけないが、そのためにまず自分が感動できる演奏を、と部員に話す。

 その成果が8月の関西大会で出た。前の出場校の曲に合わせ、舞台袖で部員らが体でリズムをとり出した。リラックスして臨んだ本番では、多くの部員が感動の涙を流しながらの演奏に。それが観客を魅了し、全国出場につながった。本番中に泣いた宮本さんは「自分が感動すれば人も感動する、と思った」と振り返る。

 府内の中学校が同コンクールに出場するのは2005年の市岡中(大阪市港区)以来5年ぶりで、大阪市以外の中学としては史上2校目だ。

 全国大会に向けて保護者も動いた。募金を集め、古くて傷だらけだったテューバを新調。副部長でテューバ担当の3年金森晏子さん(15)は「こんなにきれいなんだとびっくりした。新しいのは吹きやすい。買おうと思ってくれたことがうれしくて、その分頑張らないと」と話す。

 副部長でクラリネット担当の3年野田佳織さん(15)は「みんながいたからつらいことも乗り越えられた。全国では、心の底から楽しかったという達成感を持ちたいし、人を感動させるような演奏がしたい」と意気込む。(柳谷政人)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校

吹奏楽コンクールの情報を携帯サイトで

QRコード
日程や出場校データ、課題曲・自由曲の着うたダウンロードも。