東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

5話 「公立一貫」に強い塾

2019.04.23

author
堀 杜夫
Main Image
  • 塾では2~3カ月ごとに模試がある。この成績でクラス替えが行われることも多い
  • 同じ塾でも教室によって合格実績に差が出る。先生の指導力に左右されがち
  • 適性検査では、私立・国立中学受験で必須とされる特殊算の解法より、思考力が問われる

新5年の2月から公立一貫校コース

中学受験を経験した保護者なら常識でしょうが、開成・麻布・武蔵、桜蔭(おういん)・女子学院・雙葉といった男女「御三家」や、それに次ぐ難易度の高い学校に強いのは、うわさどおり圧倒的にSAPIXでした。これに早稲田アカデミーと日能研が続くという構図です。

一方、娘が目指す公立中高一貫校に多くの合格者を出しているのは、ena、栄光ゼミナールの二つ。あとは、限られた地域で展開する一部の地元塾も強みを発揮していることがわかりました。

続きを見る
バックナンバー
新着記事
新着一覧
新着一覧

ページトップ