東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

1話 都立高から東大へ

2019.03.19

author
堀 杜夫
Main Image
  • 東大の同級生には「御三家」など私立中高一貫校の出身者が多い
  • 地方は公立伝統校が優勢。東京でも下町は地方と同じ傾向がみられる

はじめに

約4年前に妻と死別した50代の元週刊誌デスクです。2018年に一人娘が中学を受験、第1志望は私たち夫婦の母校の流れをくむ公立中高一貫校でした。受験生に「伴走」した約2年間で、さまざまな発見がありました。自分自身の備忘録として、そしてお子さんの中学受験を考えているパパ・ママの参考になればとも思い、書きためたのがこの連載です。タイトルで「東大卒」を謳(うた)うことは、学歴をひけらかしているようで格好のいいことだとは思いませんが、娘の受験を語るうえで自分の学歴に全く触れないのは不誠実な気もしました。最初の方で自分の経歴と、なぜシングルファーザーになったかという家族の近況に触れておこうと思います。

東大文3へ現役合格

東京の下町で生まれ育った私は、地元の区立小、区立中を出た後、地元では進学校として知られる都立高に進み、東京大学文科3類に現役で進学しました。東大には「進学振り分け」(学内では「進振り進振り東京大学の「リベラル・アーツ教育」の制度。2年生の途中までの成績を元に、3年生からの進学先を決めることができる。入学後、いきなり専門分野にとらわれることなく、興味を持ったことは何でも広く学ぶことができるようになっている。」と呼ばれています)という制度があり、当初2年間は駒場キャンパスの教養学部で学び、その間に3年次に進む専門課程を選びます。ただし、人気の高い学科には、1~2年次の定期試験の成績が抜群によくないと進めません。入学早々、大学新聞の編集に没頭していた私は、まじめに駒場の授業に出ていたとはいえず、高望みはせずに、本郷キャンパスにある文学部の言語学科に進みました。「ニューアカ」ブームで、構造主義の生みの親の一人ともいえるスイスの言語学者、ソシュールが注目されていたことと無関係ではありません。つまりは流行に乗ったということです。なんとか卒論を書いて、4年で卒業しました。当時はバブルの真っただ中でしたから、たいした就職活動もせず新聞社に入社したわけです。

続きを見る

新着記事