「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

塾の宿題を消化しきれないときは?

2019.04.15

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.塾の宿題を消化しきれないときは?

新年度を機に塾に通う曜日が変わったお子さんは、4月に入ると「塾のある曜日」「ない曜日」がそろそろ体に染みついてくるかと思いますが、なかなかペースがつかめないのが「宿題」です。

私も指導先で、通っている塾の授業の進度、出された宿題のことなどを子どもに聞くのですが、こと宿題に関しては、「何がどれだけ出たのか」という全体像を把握できていない子がほとんどです。

01

宿題は、「やったの?」「何が出たの?」と、口で聞いてもあまり意味はありません。大切なのは、出された宿題全てを紙に書いて「視覚化」し、全体量を把握させることです。また、どの宿題にどの程度の時間がかかるのかも、まだ見当がつかない時期です。まずは親子で宿題の全体量を把握し、どの曜日に何をやるのかを決めましょう

こうして一週間の大まかな枠組みができると、各科目の宿題をこなすのに、どれだけ時間がかかるかが把握しやすくなり、生活のペースもつかめるようになってきます。

そして何より、「スケジュールの立て方」「スケジュール管理」が身についてきます。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)

新着記事