『ドラゴン桜2』桜木建二が教える 2020教育改革

国語力の正体とは!? 有効なトレーニング法はこれだ!

2019.05.16

author
桜木 建二
Main Image

坂本聰さんによれば、国語力の正体とは「理解力」「比較力」「表現力」だという。これらの力がどんなものなのか詳しく聞いたぞ。また、これら3つの力のどれをも鍛えることができるのが、「お絵かきトレーニング」なのだ。

社会人にも有効な「お絵かきトレーニング」

「理解力」とは、与えられた条件・状況を正確に把握して判断できる力です。「比較力」とは、経験・知識に照らして目の前のものを比較検討する力。得た知識や考えを必要に応じて、説明したり言語化したりできるのが「表現力」です。

絵→文、文→絵と「媒体変換」するには、まず絵や文の内容をしっかり理解しなければならないし、自分の中にためてある知見と比較検討して変換しなければならない。最終的に文や絵でアウトプットする際には、表現力がモノを言う。
これら国語力の3要素をまんべんなく向上させられる方法なんて、お絵かきトレーニングのほかにはそうなさそうではないか。

国語力とはいわば、みずから考える力。一生モノの能力です。国語力が身についていれば、インプットした情報を独自に捉え直して表現することができるので、人の話を鵜呑みにしたり、情勢や流行に左右されたりせず、いつでも自分の意見を的確にまとめられます。
この能力は社会全般、とりわけビジネスの現場で強く求められるものです。それゆえ「お絵かきトレーニング」は就活対策として活用されたり、盛んに社員研修に取り入れられたりもしていますよ。

国語以外の教科でも役立つ

大人への効用ばかりじゃなく、もちろん学力アップにも効果テキメンだ。国語の文章題(読解問題)が得意になるにとどまらず、全教科にいい影響が出る。

「お絵かきトレーニング」は、小学校中学年くらいから取り組むと進めやすいですよ。そのころというのは、国語だけでなくいろんな科目で文章題が出始めます。これに対応できるかどうかが、勉強を進めるうえで、ひとつの壁になります。
それまでは、一問一答式に覚えたことをそのまま吐き出せば正解にたどり着けましたが、文章題だとそうはいきません。ここで問われているのは何かを文章から読み取り、解への道すじを考え、適切に表現して解答する作業なのです。
そうした文章題に対応するには国語力が必要であり、その力を磨くためのトレーニングは、小学生のころから積み上げていくべきなのです。

そうなのだ、学力が伸びない生徒は、じつは問題文の意味がそもそも読み取れていない。
昨今、子どもの読解力の衰えがニュースとなって話題をさらっているな。読解力が身についていない子どもとは、きっとこれまで、国語力を磨く機会がなかったんだろう。

「お絵かきトレーニング」には難しいところなど一切ありません。たとえばきょう一日を過ごしてのハイライトシーンを思い浮かべて、簡単な絵にしてみます。それをこんどは文章にしてみる。日によって順序を逆にしたりしながら、しばらく続けてみてください。それだけで、飛躍的に国語力はアップします。

坂本さんの言う通りにしてみると、取り組んだあとに心地いい疲れが訪れて気持ちがいいぞ。ふだんあまり使っていなかった脳の部位が活性化されるかのようで、なんだか目が覚める思いだ。いちど試してみることをオススメするぞ。

(ライター・山内 宏泰)

※この連載の最新版は、LINE NEWS「朝日こども新聞」(月、水、金 8:30配信)で読めます。

坂本アイコンP

話を伺った人

坂本 聰さん

(さかもと・さとし)1972年、東京都生まれ。一橋大学商学部卒業。大学やサラリーマン時代に、「思考力」「コミュニケーション力」の重要性を痛感する。99年、国語指導をベースにした現代の寺子屋、考学舎を設立。2015年、まちのまなび処(東京都墨田区)開設。高校在学中にベルギーに留学した経験などをふまえ、独自のカリキュラムを提供している。昭和医療技術専門学校特任教授(日本語表現法、思考法)。主な著書に、『国語が得意科目になる「お絵かき」トレーニング』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

『ドラゴン桜2』
作者は漫画家・三田紀房さん。中堅校に成長したものの、再び落ちぶれつつある龍山高校が舞台。学校理事として加わった弁護士・桜木建二が淡白な「現代っ子」たちを東大に合格させるべく、熱血指導するさまを描く。教育関係者らへの取材をもとに制作されていて、漫画を通じて実用的な受験テクニックや勉強法をふんだんに紹介している。2018年1月から、雑誌「モーニング」(講談社)や「ドラゴン桜公式メルマガ」で連載中。2003~07年に同誌で連載したパート1は、廃校寸前の龍山高校に通う偏差値30台の高校生が、1年で東大に合格する姿を描き、話題になった。

国語が得意科目になる「お絵かき」トレーニング
国語が得意科目になる「お絵かき」トレーニング
坂本 聰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,650円
ドラゴン桜2 第1巻
ドラゴン桜2 第1巻
三田 紀房
講談社
価格:627円

新着記事