「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

今から中学受験をやめようかと迷っています

2019.06.04

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.今から中学受験をやめようかと迷っています

中学受験には向き不向きがあります

小学生は学力も成熟度も個人差が大きく、「あきらかにうちの子は中学受験に向いていない」と思う判断材料があれば、高校受験の方が賢明です。また、中学受験を始めてあまりに家庭内の雰囲気が悪くなったり、家族でそれを乗り越えるのが非常に困難に思える場合も、やめる方が賢明です。

とはいえ、親が「中学受験をやめようか……」と悩む理由で最も多いのが、「受験はしたいが勉強はしたくない」という子どもの姿を突きつけられる時。親は常に「自ら机に向かい、集中して勉強に取り組み、努力に応じた成果を出す」という“理想の受験生像”とわが子を比べてしまいますが、理想の受験生などほとんどいないということを肝に銘じましょう。自分から進んで勉強する小学生など非常に稀ですし、勉強した分だけ点数がグングン伸びるほど中学受験の内容は楽ではありません。理想像とわが子の現実の姿との乖離がつらい、耐えられないというのは親の都合。モヤモヤを子どもにぶつけても状況は悪化するだけなので、親の心の持ちようを変える必要があります。

子どもがやめたいと思っている場合は、理由を丁寧に聞いてあげましょう。

「こんなに勉強するの嫌だ! 地元の公立中学に行く!」と言うならば、ご家庭に私立でなければならない特殊な事情がない限り、子どもの意思を尊重すべきです。無理矢理勉強させても、ほとんど身につきません。

子どもが「やめたい」と言う場合、理由を丁寧に聞きましょう

一方、「塾の授業についていけずつらい」「こんなに勉強しているのに点数が上がらない」からやめたいという場合、それを理由に受験をやめると子どもには「自分は勉強ができない」というレッテルだけが残り、自己肯定感が下がってしまいます。

この場合は、勉強方法の見直しや転塾、個別フォローを外注するなど、別の手を一緒に考えてあげましょう。打てる手を全て打った上で「やっぱりついていけない」ということならば、中学受験が時期尚早だったというだけで、高校受験に切り替えればいいだけのことです。決して学力が低いわけではありません。

中学受験は「しなくてもいい受験」です。首都圏や関西圏の一部でこそ皆が受験するように見えますが、私立中学に通うのは日本全国で約7%であり、中学受験自体が非常にレアケースです。この大前提も常に心にとめておいてください。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)

新着記事