東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

17話 入試体験会

2019.07.22

author
堀 杜夫
Main Image
  • 多くの私立中は11月ごろから「入試説明会」「入試体験会」などを開き、過去問の解説や出題傾向の説明をしている
  • 本番を受けるつもりなら、行かない手はない。志望校に幅を持たせるためにも効果的。学校によっては「おみやげ」も
  • 入試説明会では、具体的な入試の説明もある。聞いていないと本番で不利になるかも?

「すべてが志望校」の気持ち

受験生に暮れも正月もありません。年末は12月30日まで塾の冬期講習が続き、年明けは1月2日から正月特訓です。神頼みのため、初詣の長蛇の列に並ぶ時間すらありません。そこで、3日の早朝に「学問の神様」菅原道真すがわらの・みちざね/平安時代中期の廷臣、学者、文人。右大臣になったあと大宰府に左遷され、失意のまま没した。後世に天満天神としてまつられる。学問に優れていたことから「学問の神様」として知られる。公を祀(まつ)る亀戸天神社まで車をとばし、お参りを済ませた後、合格祈願の絵馬を奉納しました。昔は「〇〇大学合格」とか「◇◇高校に入れますように」などと志望校を具体的に書いたものですが、個人情報保護の意識の高まりからか、最近は「志望校合格!」といったものが多数派です。娘も自分の名前は書く代わりに、志望校名は書きませんでした。

17話前半②

実際、そのころには、併願する私立中も含め「すべてが志望校」という気持ちになっていたのも事実です。もちろん、第1志望の都立一貫X校を忘れたわけではないのですが、11月下旬に願書配布説明会で久々にあの殺風景な体育館を訪れたくらいで、週末はもっぱら模試か併願先の私立中に足を運んでいました。

続きを見る

新着記事