子育て世代のお金ナビ

中学生からの学資保険は手遅れ? まだ間に合う、教育資金を貯める最短ルート

2019.07.31

author
坂本 綾子
Main Image

子育て世代のお金の悩みに、子育て世代のファイナンシャルプランナーがお答えするコラムです。

Q. あと5年で大学進学資金をためたい 学資保険は有効?

《相談例》
中学生と小学生の子どもがいます。5年前に購入したマンションの住宅ローン負担に追われ、これまで教育資金をためることができませんでした。昨年から私がパートを始め、少しは貯蓄できそうになったので今からがんばって教育資金をためたいと考えています。子どもたちは高校までは公立で、本人が希望すれば大学は私立にも行かせてあげたいと思います。今から始める場合、どのくらいの金額を目標に、どういう方法で、毎月いくらぐらいためたらいいでしょうか。学資保険も検討すべきでしょうか。

《相談者はこんな人》
大阪府在住、女性42歳(パート)、家族は会社員の夫40歳、中学1年生の長男と小学1年生の次男。マンション住まい(持ち家)。
収入=年収600万円(夫)+年収80万円(妻)
支出=年間550万円くらい(住宅ローン月12万円、ボーナス払い年24万円。物件は4000万円、30年払い)
貯蓄/運用=普通預金30万円(昨年からため始めた。月2万~3万円)。定期預金100万円強
保険=夫生命保険(月2万円、死亡保障2000万円)

A. 学資保険加入は遅くとも3歳まで。定期預金の積み立てをおすすめ

学資保険に興味がありますか?

子どもの教育費は学資保険でためるというイメージがあります。

続きを見る

新着記事