東大卒シングルファーザーの中学受験備忘録

23話 本命

2019.09.02

author
堀 杜夫
Main Image
  • 都立一貫校の受検会場には、保護者の待合室はなかった。校外で待機する必要がある
  • 同じ学校をめざす「同志」の保護者であっても、併願校の合否の情報交換は憚(はばか)られる

2月3日

学校から駅へ向かう大通りの歩道を、受検を終えた小学6年生が次々とやって来ます。緊張から解放されてほっとした顔や、出来が悪かったのかいまにも泣きそうな顔をいくつも見送ったのに、白くてつるんとした卵形の見慣れた顔はなかなか現れません。男女各60人、計120人の狭き門に6倍以上の児童が押し寄せたということの意味を痛感しながら、待ち時間はとても長く感じられました。

2月3日、土曜日。本命の都立一貫X校の適性検査が行われた日の朝は、前日の雪模様から一転して、凜(りん)とした空気が張りつめていました。前々日同様、自宅の最寄り駅の改札で塾の先生に見送られ、試験会場のX校の入り口でも同じ塾の先生に激励されて、娘は校内に消えていきました。私立校のように保護者が待つ場所は用意されていません。いったん帰宅して掃除や洗濯を済ませ、適性検査が終わる昼過ぎに、X校近くの某受験塾前の路上で、同級生2人やそのお母さんたちと待ち合わせをしたのです。

思えば、その同級生の男女と娘は、ほぼ2年前に同じ塾に入った中学受験の「同志」でした。

続きを見る

新着記事